cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2016年度 開講箇所 大学院文学研究科
科目名
ドイツ思想講義2

担当教員 竹峰 義和
学期曜日時限 秋学期  水5時限
科目区分 コース設置科目(講義) 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 32-323 キャンパス 戸山
科目キー 34Z1301054 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LITG681L
大分野名称 文学
中分野名称 ドイツ文学
小分野名称 その他
レベル 修士レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2016/03/01 15:37:05

副題 アドルノの自伝的エッセイを読む
授業概要  みずからの幼年時代や旅行体験を好んでしたベンヤミンとは異なり、アドルノがみずからの過去について語ったテクストの数はそれほど多くはない。だが、晩年のアドルノの小論集Ohne Leitbild所収の自伝的な文章の数々は、この哲学者にとって、個人的なレヴェルでの〈経験〉という契機がいかに重要であったかを示す証左をなすとともに、優れた文学的エッセイの書き手という隠れたアドルノの一面を伝えてくれる。本講義では、アドルノの自伝的エッセイの幾つかを精読するなかで、彼の思想における〈自己〉と〈経験〉という問題について、ベンヤミンとの比較を交えながら考察していきたい。
授業の到達目標  アドルノのテクストを原語で読み解くためのドイツ語読解能力を涵養するとともに、フランクフルト学派の思想について知識を深める。
授業計画  第1回:イントロダクション
 第2回:Amorbach 1
 第3回:Amorbach 2
 第4回:Im Jeu de Paume gekritzelt 1
 第5回:Im Jeu de Paume gekritzelt 2
 第6回:Aus Sils Maria 1
 第7回:Aus Sils Maria 2
 第8回:Luccheser Memorial 1
 第9回:Luccheser Memorial 2
 第10回:Wien, nach Ostern 1967 1
 第11回:Wien, nach Ostern 1967 2
 第13回:Wien, nach Ostern 1967 3
 第14回:Filmtransparente 1
 第15回:Filmtransparente 2
教科書  プリントを配布する。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0%  
レポート: 0%  
平常点評価: 100%  
その他: 0%  

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read