cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2016年度 開講箇所 大学院文学研究科
科目名
ドイツ語学演習2-1

担当教員 室井 禎之
学期曜日時限 春学期  水5時限
科目区分 コース設置科目(演習) 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 3-1409研究室 キャンパス 早稲田
科目キー 34Z1301083 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LITG681S
大分野名称 文学
中分野名称 ドイツ文学
小分野名称 その他
レベル 修士レベル 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2016/03/01 15:37:05

副題 ドイツ語学、ドイツ文化史研究における概念の研究
授業概要  ドイツ語の特定の概念に焦点をあてて、それを多様な角度から分析し、その結果を総合する試みをおかなう。参加者個々の修士論文テーマに応じて問題となる概念を持ち寄り、学際的な文献講読、コーパス分析を通して、当該概念の多様さを描き出す。
授業の到達目標  文献調査による概念の史的展開も含めた分析の方法に習熟する、概念分析のためのコーパスの利用法を習得することを通じて、ドイツ語学ないしドイツ文化史研究における概念の分析が自立的に行えるようになることを目標とする。
事前・事後学習の内容  文献の下読み、コーパス分析の準備等
授業計画  授業計画は、担当教員により初回授業あるいはCourse N@viなどによって示されるので確認すること。
教科書  指定しない
参考文献  授業中に随時紹介する。
成績評価方法  平常点評価(100%):文研調査、コーパス分析の内容報告、コメント、問題提起、応用、小レポートなどを総合的に評価する。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read