cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School Graduate School of Letters, Arts and Sciences
Course Title
Western Drama 1

Instructor FUJII, Shintaro
Term/Day/Period spring semester  Thur.2
Category Core Subjects (Lectures) Eligible Year 1st year and above Credits 2
Classroom 33-605 Campus Toyama
Course Key 34Z1331347 Course Class Code 01
Main Language Japanese
  Course Code ARTT631L
First Academic disciplines Art Studies
Second Academic disciplines Theatre
Third Academic disciplines Expression Analysis
Level Level of Master Types of lesson Lecture

Syllabus Information

Latest Update:2019/03/05 16:55:04

Subtitle 演劇とドキュメント/アーカイヴ/リイナクトメント
Course Outline  近年、演劇とドキュメント/ドキュメンタリー、アーカイヴ、リイナクトメントなどのキー・タームをめぐる議論が盛んである。本講義では、そうした議論の基本文献(主に英語、一部は日本語)を講読し、重要概念を理解するとともに、実際の作品を取り上げながら、そうした理論との関連を議論し、理解をさらに深めたい。
Objectives  ・現代演劇に関する理論的理解を深める
 ・研究に必要な外国語(英語)の運用能力を高める
 ・論文執筆に必要となる議論の構築能力を高める
before/after course of study  ・講義で取り上げる文献を丹念に読んでおく
 ・疑問点を洗い出し、まとめておく
Course Schedule  第1回 科目の紹介
 第2回 文献の講読、作品の分析、ディスカッション
 第3回 文献の講読、作品の分析、ディスカッション
 第4回 文献の講読、作品の分析、ディスカッション
 第5回 文献の講読、作品の分析、ディスカッション
 第6回 文献の講読、作品の分析、ディスカッション
 第7回 文献の講読、作品の分析、ディスカッション
 第8回 文献の講読、作品の分析、ディスカッション
 第9回 文献の講読、作品の分析、ディスカッション
 第10回 文献の講読、作品の分析、ディスカッション
 第11回 文献の講読、作品の分析、ディスカッション
 第12回 文献の講読、作品の分析、ディスカッション
 第13回 文献の講読、作品の分析、ディスカッション
 第14回 文献の講読、作品の分析、ディスカッション
 第15回 文献の講読、作品の分析、ディスカッション
Textbooks  特に定めない
Reference  Peggy Phelan, Unmarked: The Politics of Performance, Routledge, 1993
 Diana Taylor, The Archive and the Repertoire: Performing Cultural Memory in the Americas, Duke University Press, 2003
 Peggy Phelan, Jennifer Allen et al., Life, Once More: Forms of Reenactment in Contemporary Art, Witte De With, 2005
 Rebecca Schneider, Performing Remains: Art and War in Times of Theatrical Reenactment, Routledge, 2011
 ほか、教場で指示する。
Evaluation  授業参加、発表、レポートによって総合的に評価する。

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read