cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School Graduate School of Letters, Arts and Sciences
Course Title
Dramatic Arts 2-1: Seminar

Instructor FUJII, Shintaro
Term/Day/Period spring semester  Mon.3
Category Core Subjects (Seminars) Eligible Year 1st year and above Credits 2
Classroom 31-305 Campus Toyama
Course Key 34Z1331373 Course Class Code 01
Main Language Japanese
  Course Code ARTT699S
First Academic disciplines Art Studies
Second Academic disciplines Theatre
Third Academic disciplines Graduation Paper/Master's Thesis/Doctoral Thesis
Level Level of Master Types of lesson Seminar

Syllabus Information

Latest Update:2019/03/05 16:55:04

Subtitle 演劇学・芸術文化環境学
Course Outline  教員(場合によってはゲスト講師)による講義、および学生自身が発表やテクストを準備する実際の作業を通じて、修士論文の完成に必要となる方法論を身につけることを目指す。
Objectives  修士論文の完成を到達目標とする。
before/after course of study  (1年次)修士論文の執筆の準備
 ・研究対象を選定する
 ・先行研究を調査し、独自の論点を見出す
 ・論文の執筆に必要となる知識・方法論を身につける
 ・論文のプランをつくる
 ・短い論文を執筆し、論文の書き方を身につける
 (2年次)修士論文の執筆
 ・1年次の作業に加えて、実際に執筆を開始する
Course Schedule  第1回 授業紹介
 第2回 研究計画の立て方 資料・史料の収集方法
 第3回 研究計画の立て方 資料・史料の収集方法
 第4回 論文の書き方 発表の技法
 第5回 論文の書き方 発表の技法
 第6回 舞台作品を分析する
 第7回 舞台作品を分析する
 第8回 テクストを分析する
 第9回 テクストを分析する
 第10回 芸術文化環境と文化政策
 第11回 芸術文化環境と文化政策
 第12回 作品の創造過程とドラマトゥルギーについて
 第13回 作品の創造過程とドラマトゥルギーについて
 第14回 論文の書き方
 第15回 総括
Textbooks  特に定めない。
Reference  適宜指示する。
Evaluation  授業参加、発表、レポートによって総合的に評価する。

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read