cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School Graduate School of Letters, Arts and Sciences
Course Title
Japanese History 5-2: Seminar

Instructor KAWAJIRI, Akio
Term/Day/Period fall semester  Thur.3
Category Core Subjects (Seminars) Eligible Year 1st year and above Credits 2
Classroom   Campus Toyama
Course Key 34Z1351580 Course Class Code 01
Main Language Japanese
  Course Code HISA611S
First Academic disciplines History
Second Academic disciplines Japanese History
Third Academic disciplines Ancient History
Level Level of Master Types of lesson Seminar

Syllabus Information

Latest Update:2019/03/05 16:55:04

Subtitle 弘仁格の研究
Course Outline  日本古代史を研究するためには、文献史料を精読することが必要不可欠である。その努力なくしては、一見魅力あるような学説も、砂上の楼閣と化してしまうことを心に銘じる必要がある。
 本演習では、散逸した「弘仁格」を研究することによって、日本の「格」の特質を理解し、従来にない史料の読み方を習得するとともに、併せて古代史料の解読の仕方を身につけることを目的とする。本年度は、式部上格を対象とする。
Objectives  弘仁格の読解および解釈を身に付けた上で、弘仁格の特質を理解することを目標とする。
before/after course of study  該当箇所について予習・復習を行うこと。
Course Schedule  毎回、参加者に史料を割り当て、関連史料を集めた上で、その読み、内容、そして発表する史料の「弘仁格」における位置づけについて、報告していただく。
Textbooks  新訂増補国史大系『類聚三代格』
Reference  教場で指示する。
Evaluation  毎回、参加者に史料を割り当て、関連史料を集めた上で、その読み、内容、そして発表する史料の「弘仁格」における位置づけについて、報告していただく。

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read