cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School Graduate School of Letters, Arts and Sciences
Course Title
Japanese Literature 12-1: Research Seminar

Instructor TOEDA, Hirokazu
Term/Day/Period spring semester  Thur.6
Category Research Seminar Eligible Year 1st year and above Credits 0
Classroom 39-2511 Campus Toyama
Course Key 34Z2265623 Course Class Code 01
Main Language Japanese
  Course Code LITJ799G
First Academic disciplines Literature
Second Academic disciplines Japanese Literature
Third Academic disciplines Graduation Paper/Master's Thesis/Doctoral Thesis
Level Level of Doctor Types of lesson Graduate Research

Syllabus Information

Latest Update:2019/03/05 16:55:04

Subtitle 大正期から昭和前期
Course Outline  課程博士論文を仕上げられるよう、個別指導を中心に授業を進める。各受講者は、自身の研究テーマについて、少なくとも1回は報告をする。
 この授業では、各自の研究テーマに即して、様々な研究方法を学びながら、論文にまとめるスキルを身につけることを目的とする。
Objectives  この授業では、各自の研究テーマに即して、様々な研究方法を学びながら、課程博士論文にまとめるスキルを身につけることを目的とする。
Course Schedule  [第1回]オリエンテーション
 [第2回]全体の研究指導(1)
 [第3回]全体の研究指導(2)
 [第4回]全体の研究指導(3)
 [第5回]博士個別指導(1)
 [第6回]博士個別指導(2)
 [第7回]博士個別指導(3)
 [第8回]博士個別指導(4)
 [第9回]博士個別指導(5)
 [第10回]博士個別指導(6)
 [第11回]博士個別指導(7)
 [第12回]博士個別指導(8)
 [第13回]博士個別指導(9)
 [第14回]博士個別指導(10)
 [第15回]研究指導のまとめ
Textbooks  発表者がそのつどプリントを作成し、配布する。
Reference  参考文献については、授業時にそのつど指示する。
Evaluation
Rate Evaluation Criteria
Exam: 0%  
Papers: 0%  
Class Participation: 100%  授業の発表と参加度による評価。
Others: 0%  研究指導の成績評価については、その成績をPQの二級に分かち、Pを合格、Qを不合格とする。所定の研究指導を登録して指導を受けることをもってP(合格)とする。

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read