cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2015年度 開講箇所 大学院商学研究科
科目名
CFOの役割と課題(7-8時限)

担当教員 昆 政彦
学期曜日時限 秋クォーター  木6-7
科目区分 一般選択科目(アカウンティング・ファイナンス系) 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 11-1105(指導室) キャンパス 早稲田
科目キー 3500033806 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード ACCX611L
大分野名称 会計学
中分野名称 会計学
小分野名称 財務会計
レベル 修士レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2015/01/25 11:27:59

授業概要  この科目では、CFOに期待されている役割とは何かを、歴史的背景と社会的要請を踏まえて明確化してゆきます。これまで是認されてきた経営管理手法や取組に潜んでいる問題的を浮き彫りにして、議論を通じて本来の目指している役割の正しい理解とその阻害要因を追及します。また、実際の企業で取り組まれているベスト・プラクティスを通じて、課題対処への手掛かりを掌握するとともに、新たな役割要請の整理と対応策にも触れてゆきます。
授業の到達目標 ・CFOが置かれている現状を歴史的、社会的背景を踏まえて理解できるようになる。
・CFO候補者や企業において経理・財務部門との関わりが深い人が、今後取り組むべき課題を整理することができる。
・経営者として、経営管理を使いながら経営判断を行えるようになる。
授業計画

第1回:オリエンテーションとCFOへの期待と現状分析
第2回:CFOとしての戦略・計画・予算

第3回:CFOとしてのファイナンスとトレジャリー
第4回:CFOトとしてのBSマネジメント
第5回:CFOと企業理念、企業文化
第6回:CFOとしての経理・財務組織と人材育成
第7回:CFOとしての財務会計
第8回:CFOとしての外部報告
第9回:企業文化と企業変革1
第10回:企業文化と企業変革2
第11回:会計不祥事と社会的責任経営
第12回:CFOとしての知的資産経営
第13回:CFOになるためのプレゼンテーション 1
第14回:CFOになるためのプレゼンテーション 2
第15回:まとめ
教科書 昆政彦著『効果的な企業会計システムの研究』中央経済社
参考文献 西山茂『戦略管理会計』ダイアモンド社
ジェレミー・ホープ著、(米田隆監訳)『最高財務責任者の新しい役割』ファーストプレス社
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0%  このクラスでは、試験は行いません。
レポート: 50%  第二回以降、各回の内容について、受講生の問題意識や現状分析をレポートで提出してもらい内容を評価します。
平常点評価: 30%  授業での発言などクラスへの貢献度を評価します。
その他: 20%  (クラス発表)クラスで学んだ点を取り込んで、CFOになるため、もしくは、CFOをサポートするためのプレゼンテーションをしてもらいます。
備考・関連URL この授業では経営現場での実践を学ぶので、受講生には活発な発言を期待します。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read