cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院教育学研究科
科目名
社会言語学2(Doing sociolinguistic research)

担当教員 バックハウス ペート
学期曜日時限 秋学期  木7時限
科目区分 共通選択科目(B群) 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 16-610 キャンパス 早稲田
科目キー 3701000008 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 英語
  コース・コード LNGA601L
大分野名称 言語学
中分野名称 応用言語学
小分野名称 概論
レベル 修士レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:43:02

副題 Studying language in social interaction (con'd)
授業概要

This class is a sequel to 社会言語学1. Note that depending on the number of registered students, it may be combined with  英語学特論I-2 (Thu 6th period).

授業の到達目標 Learn the basics of Conversation Analysis and acquire the skills to conduct research on language in interaction
授業計画

1. Re-introduction and schedule
2. Presentations 1
3. Presentations 2
4. Presentations 3
5. Presentations 4
6. Discussion about papers
7. Additional reading 1
8. Additional reading 2
9. Additional reading 3
10. Additional reading 4
11. Paper writing 1
12. Paper writing 2
13. Paper writing 3
14. Paper writing 4
15. Summary

教科書 To be announced
成績評価方法 50% active participation
50% research project
備考・関連URL Good proficiency in English is essential in order to take this class.

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read