cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院教育学研究科
科目名
教育工学研究指導(M-2)(三尾)

担当教員 三尾 忠男
学期曜日時限 秋学期  無その他
科目区分 研究指導(修士)・学校教育 配当年次 1年以上 単位数 0
使用教室 三尾忠男研究室 キャンパス 早稲田
科目キー 371A110008 科目クラスコード 02
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード EDUX602G
大分野名称 教育学
中分野名称 教育学
小分野名称 教育学
レベル 修士レベル 授業形態 研究指導

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:43:02

授業概要 教育工学は、教育過程をシステムとして捉え、諸課題を分析し、工学的なアプローチで目標達成や問題解決を目指す分野である。この研究指導では、参加学生の教育や学習に関するテーマについてそれぞれの教育システムの要素を分析し問題点を明確化し、最適なシステムを追求する研究方法を指導する。担当者は現在、教師教育のあり方と教育におけるICT活用、高等教育におけるFDの実践について関心をもっている。
授業の到達目標 ・修士論文作成に必要な基礎的な論文読解能力を習得する。
・自身の研究課題の先行研究・先行事例について説明できる。
・教育工学領域の研究方法の多様性を理解する。
・適切に資料収集と開発・実践研究をすることによって研究論文をまとめることができる。
授業計画 各自のテーマに沿った論文・実践報告の講読、研究課題・方法の検討を適宜、行う
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0%
レポート: 60% 課題について演習内容の視点と絡めた考察になっているかを評価する。
平常点評価: 40% 毎回、演習終了時に、振り返りコメントを提出し、その内容の論理性・妥当性で評価する。
その他: 0%

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read