cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院教育学研究科
科目名
国語科教育研究指導(M-1)(町田)

担当教員 町田 守弘
学期曜日時限 春学期  無その他
科目区分 研究指導(修士)・国語教育 配当年次 1年以上 単位数 0
使用教室 町田守弘研究室 キャンパス 早稲田
科目キー 371B110002 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード EDUX612G
大分野名称 教育学
中分野名称 教育学
小分野名称 教科教育学
レベル 修士レベル 授業形態 研究指導

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:43:02

副題 修士論文の研究課題に対する研究支援・基礎編
授業概要

 国語科教育の研究は実践を基盤とする。「明日の授業をどう創るか」という課題と向き合うために,小・中学校と高等学校の実践に即して,学習者論,教材論,授業論を中心とした国語科教育の基本的な事項を取り上げてみたい。広く教育現場の実態を視野に収めながら学習者の現実を的確に把握して,どのような教材をどのように扱うことがいま求められているのかという点を中心に研究を展開する。先行研究および先行実践に十分な目配りをしつつも,常に変容する教育現場の「いま,ここ」を見つめて,新しい時代を生きる学習者にとって価値あることばの教育の在り方を真摯に問い続けたい。

 本研究指導は「国語科教育研究指導(M-2)」へと継続させつつ,履修者全員が日ごろの研究成果をしっかりと修士論文にまとめることができるような支援をする。

授業の到達目標 修士課程の2年間を通して効果的な研究活動を展開できること。またそれを受けて,研究成果をしっかりと修士論文にまとめることが最終的な到達目標となる。本研究指導の具体的な目標としては,主として以下のような点を掲げたい。
1.適切な研究テーマを設定する。
2.そのテーマに関して,効果的な研究方法を確立する。
3.研究テーマに関する先行研究・先行実践を踏まえた研究を展開する。
事前・事後学習の内容 修士論文の構成を検討し,常に目次案を用意すること。
修士論文の研究テーマに関わる先行研究にし,意欲的に目を通すようにすること。
国語教育関連の学会・研究会には,可能な限り参加して,最新の問題意識を把握するようにしたい。
授業計画

修士論文の受理申請には,2年以上在籍して研究を続けることが求められる。以下に掲げるのはモデルケースであるが、履修者の状況や問題意識に基づいて柔軟な対応を工夫してみたい。「国語科教育演習(M1-1)」「国語科教育演習(M1-2)」のシラバスも参照のこと。なお本研究指導は,「国語科教育研究指導(M-2)」へと継続して展開することになる。

【第1回】修士論文作成に関するガイダンス。

【第2回】修士論文の研究テーマの検討。

【第3回】修士論文の研究計画の検討。

【第4回】修士論文の構成の検討。

【第5回】修士論文の目次案の検討。

【第6回】研究課題に関する先行研究の調査・研究。研究テーマを中心として。

【第7回】研究課題に関する先行研究の調査・研究。研究方法を中心として。

【第8回】研究課題に関する先行研究の調査・研究。論文の構成・目次を中心として。

【第9回】修士論文に関する研究成果の交流と、協議を踏まえての検討。研究テーマを中心として。

【第10回】修士論文に関する研究成果の交流と、協議を踏まえての検討。研究方法を中心として。

【第11回】修士論文に関する研究成果の交流と、協議を踏まえての検討。研究計画を中心として。

【第12回】修士論文に関する研究成果の交流と、協議を踏まえての検討。論文の目次案を中心として。

【第13回】修士論文に関する研究成果の交流と、協議を踏まえての検討。全体の総括。

【第14回】修士課程・博士後期課程合同の研究発表会。

【第15回】修士課程・博士後期課程合同の研究発表会。研究の総括と今後の課題の確認。

教科書 研究指導において適宜紹介する。
参考文献 町田守弘『「サブカル×国語」で読解力を育む』(岩波書店)。
町田守弘『国語科の教材・授業開発論―魅力ある言語活動のイノベーション』(東洋館出版社)。
町田守弘編『明日の授業をどう創るか―学習者の「いま、ここ」を見つめる国語教育』(三省堂)。
その他,修士論文の研究テーマ関連する参考文献を,研究指導において適宜紹介する。
成績評価方法 以下の観点に従って,総合的に評価する。
1.毎回意欲的にゼミに参加して主体的に研究を展開したか。
2.常に研究に対して前向きな態度で取り組むことができたか。
3.研究室内にとどまらず,広く学会・研究会に参加するなどして,意欲的に取り組むことができたか。
4.研究の成果を修士論文にしっかりとまとめられるように努力したか。
備考・関連URL

国語教育関連の学会参加,さらに学会発表および学会誌への論文の投稿を心がけていただきたい。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read