cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院教育学研究科
科目名
英語科教育特殊講義(Research methods in language education 1)

担当教員 オオガ-ボールドウィン ウィリアム
学期曜日時限 春学期  水3時限
科目区分 選択・英語科教育特論以外 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 16-502-1 キャンパス 早稲田
科目キー 371C220009 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 英語
  コース・コード LNGF621L
大分野名称 言語学
中分野名称 外国語教育学
小分野名称 英語教育
レベル 修士レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:43:02

授業概要
  • 量的研究の基本と考え方について理解する。
  • データの信頼性、妥当性、再現性の検討方法を身に付ける。
  • 研究計画・測定・分析の技術を身につける。
授業の到達目標 将来研究者のため、量的研究の基本を理解する必要がある。この講義では、教育や心理研究の基本的理論に基づいて、実験研究・自然探索・統計法が身につく。
授業計画

授業の基本とオリエンテーション
研究論文の読み方
人文社会科学(教育学・応用言語学・行動科学等)の基本見解
良い研究、悪い研究、絶対ダメな研究
研究計画・測定・分析の基本

研究計画の作り方
研究道具の作り方
分析法 —統計の基本
統計法批判的に考える

第10回統計法–効果量の大切さ
第11回 妥当な測定法
第12回 実践的データ分析

第13回結果を論文化にするため

第14回 結果を発表する方法
第15回 振り返り
教科書 Kline, R. (2008). Becoming a behavioral sciences researcher. New York: Guilford Press. ISBN 9781593858377
参考文献 American Psychological Association. (2009). Publication Manual of the American Psychological Association, 6th Edition. ISBN-13: 978-1433805615
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0% N/A
レポート: 100% 期末レポート
平常点評価: 0% N/A
その他: 0% N/A

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read