cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院教育学研究科
科目名
社会科教育研究指導(M-2)(近藤)

担当教員 近藤 孝弘
学期曜日時限 秋学期  無その他
科目区分 研究指導(修士)・社会科教育 配当年次 1年以上 単位数 0
使用教室 近藤孝弘研究室 キャンパス 早稲田
科目キー 371D110002 科目クラスコード 02
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード EDUX684G
大分野名称 教育学
中分野名称 教育学
小分野名称 その他
レベル 修士レベル 授業形態 研究指導

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:43:02

授業概要  公民教育・歴史教育を中心に研究指導を行う。左の二つの領域は、過去と現在の世界を捉える連続した営みであると同時に,それら自身が今日の世界の一部なのであり,その意味でも両者は緊密に結びついている。このように意識的に広い視野を維持することにより,修士論文執筆の支援を中心に,受講生が歴史・文化・国家・社会等の基礎的視点について,より批判的かつ洗練された理解を獲得し,その上で独自の研究成果を残せるように指導する。
授業の到達目標  広義の政治教育学における先行研究を参照しつつ,自らの研究テーマを確定し,方法論の妥当性を意識しながら,実際に調査・研究を遂行できるようになる。
事前・事後学習の内容 事前学習: テキストないし資料の精読。
事後学習: ゼミでの論点の確認。
授業計画

第1回 研究テーマと研究計画を再検討する(1)総論

第2回 研究テーマと研究計画を再検討する(2)各論

第3回 資料を精読する(1)先行研究を探す

第4回 資料を精読する(2)先行研究を読む

第5回 資料を精読する(3)先行研究を評価する

第6回 資料を精読する(4)公的刊行物を探す

第7回 資料を精読する(5)公的刊行物を読む

第8回 資料を精読する(6)公的刊行物を評価する

第9回 資料を精読する(7)データを取る

第10回 資料を精読する(8)データを解釈する。

第11回 問題意識を再確認する(1)先行研究との関係から

第12回 問題意識を再確認する(2)社会的需要との関係から

第13回 一年間の研究を反省的に振り返る・グループA

第14回 一年間の研究を反省的に振り返る・グループB

第15回 研究計画を再検討する

教科書 なし。
参考文献 必要に応じて授業中に指示します。
成績評価方法
割合 評価基準
平常点評価: 100% 各個人に割り当てられたテーマに関する研究・発表内容について評価します。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read