cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院教育学研究科
科目名
歴史学研究指導(M-2)(大橋)

担当教員 大橋 幸泰
学期曜日時限 秋学期  無その他
科目区分 研究指導(修士)・社会科教育 配当年次 1年以上 単位数 0
使用教室 大橋幸泰研究室 キャンパス 早稲田
科目キー 371D110004 科目クラスコード 02
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード HISA681G
大分野名称 歴史学
中分野名称 日本史
小分野名称 その他
レベル 修士レベル 授業形態 研究指導

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:43:02

副題 日本近世史の研究
授業概要

歴史学研究指導(M-1)に引き続き、日本近世史(16C末-19C中)の諸問題を材料に、歴史学を専攻するうえで必要な、研究史の把握力と史料の読解力を鍛える。その際、前近代的要素と近代的要素の両方の側面を総合的に捉えることにより、近世の固有性を追究することに力点を置く。とりわけ歴史に向き合う姿勢として、生活者の視点を大事にし、政治・経済・文化の諸相を複眼的に捉える訓練を行う。また、日本近世史を専門としつつも、歴史学の社会的責務についても考えていく。歴史研究者・博物館学芸員・歴史教員など、歴史学を一生の仕事にすることを希望する者の応募を求める。

授業の到達目標 当面は修士論文の作成を目標とするが、さらにその先を見据えて、自立した歴史研究者の養成を目指す。
授業計画 各自の修士論文の準備報告のほか、研究史の把握力と史料の読解力を養成するため、先行論文の検討と共通史料の輪読の二本立てで進める。

成績評価方法
割合 評価基準
平常点評価: 100% 修士論文の進行状況、および報告・討論への積極的参加。
備考・関連URL

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read