cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院教育学研究科
科目名
社会科教育演習(M2-1)(近藤)

担当教員 近藤 孝弘
学期曜日時限 春学期  水1時限
科目区分 演習(社会科教育) 配当年次 2年以上 単位数 2
使用教室 近藤孝弘研究室 キャンパス 早稲田
科目キー 371D210004 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード EDUX684S
大分野名称 教育学
中分野名称 教育学
小分野名称 その他
レベル 修士レベル 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:43:02

副題 現代世界における政治教育学の課題
授業概要  公民科教育と歴史教育を軸に,関連する諸学の成果を摂取しつつ,日本を含む今日の世界における政治教育学の課題を追究する。特に広義の政治教育の分野で修士論文を作成している者を主な対象とし,一人ひとりの関心に基づく研究発表の検討を年に数回行うほか,共通文献の講読を通じて視野の拡大と思考の深化をはかりつつ,修士論文を完成させていく。
授業の到達目標  政治教育学とそれに関連する諸学の中心的な概念を理解し,適切に使用する能力を身につけた上で,学術的な価値のある修士論文を完成させる。その上で,研究成果を効果的にプレゼンテーションするスキルを身につける。
事前・事後学習の内容 輪読するテキストについては必ず事前に読み,不明な点ならびに質問をまとめてくること。
授業計画
1:
第1回 
オリエンテーション(前期)
2:
第2回
修士論文執筆計画について
3:
第3回 
受講者の研究状況の確認(1) 政治・経済的視点
4:
第4回 
受講者の研究状況の確認(2) 文化・制度的視点
5:
第5回 
受講者の研究状況の確認(3) 歴史・社会的視点
6:
第6回 
欧文文献の講読(1) 社会科をめぐる政治的分析
7:
第7回 

欧文文献の講読(2) 社会科をめぐる経済的分析

8:
第8回 
欧文文献の講読(3) 社会科をめぐる制度的分析
9:
第9回 
欧文文献の講読(4) 社会科をめぐる文化的分析
10:
第10回
欧文文献の講読(5) 社会科をめぐる歴史的分析
11:
第11回 
欧文文献の講読(6) 社会科をめぐる社会的分析
12:
第12回 
受講者による研究の進展状況についての発表(1) 政治・経済的観点
13:
第13回 
受講者による研究の進展状況についての発表(2) 文化・制度的観点
14:
第14回 
受講者による研究の進展状況についての発表(3) 歴史・社会的観点
15:
第15回 
前期のまとめ
教科書  受講生の研究上の関心をもとに適宜指示する。
参考文献  受講生の研究上の関心をもとに適宜指示する。
成績評価方法
割合 評価基準
平常点評価: 100% 各個人に割り当てられたテーマに関する発表内容ならびに議論への参加度を評価します。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read