cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院教育学研究科
科目名
歴史学特論IV-1(日本近世史)

担当教員 大橋 幸泰
学期曜日時限 春学期  木4時限
科目区分 選択・社会科教育特論以外 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室   キャンパス 早稲田
科目キー 371D22001C 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード HISA686L
大分野名称 歴史学
中分野名称 日本史
小分野名称 その他
レベル 修士レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:43:02

授業概要 この講義の目標は、日本近世史の諸問題を材料に、歴史学を専攻するうえで必要な、研究史上の問題点を発見する力と史料を読み解く力を養成することである。そのさい、一見、対立しているように見える事柄のうち、どちらが本質であるかという発想はできるだけ回避して、その矛盾ある内容を総体として受け止め、その意味について考えることに留意したい。そうした思索を積み重ねることが、現代社会の秩序や価値観を相対化する目を養うことにもつながるだろう。これらを通じて、日本近世史の研究史上の課題を発見すること、および史料を解読できるようになることをこの講義の目標とし、各自の修士論文の足がかりとする。
授業の到達目標 歴史学特論Ⅲ-1・Ⅲ-2に引き続き、日本近世史の諸問題について、共通の研究文献(または史料)を輪読しながら受講者全員で討論する。近世という語の英訳は、現在ほとんど“early modern”が使用されているが、1980年代までは“later medieval”が主流であったことから明らかなように、戦後歴史学の変貌とともに近世の位置づけが大きく変化したといえる。これは近世が、前近代というよりも初期近代として理解されるようになったということであるが、近世を初期近代と理解することを自明のものとせず、かつ、前近代か初期近代かという二者択一的理解に陥らずに、近世という時代の固有性について考えたい。その際、民衆思想・民衆運動をめぐる諸問題を主軸とするが、受講者の問題関心に応じて幅広く議論したい。
授業計画 [第1回]ガイダンス
[第2回]論文検討・史料輪読(1)―太閤検地
[第3回]論文検討・史料輪読(2)―兵営国家
[第4回]論文検討・史料輪読(3)―朱子学
[第5回]論文検討・史料輪読(4)―蘭学
[第6回]論文検討・史料輪読(5)―神道
[第7回]論文検討・史料輪読(6)―藩世界
[第8回]論文検討・史料輪読(7)―治者・被治者
[第9回]論文検討・史料輪読(8)―階層分解
[第10回]論文検討・史料輪読(9)―本所
[第11回]論文検討・史料輪読(10)―中間支配機構
[第12回]論文検討・史料輪読(11)―天皇号復活
[第13回]論文検討・史料輪読(12)―土豪
[第14回]論文検討・史料輪読(13)―民衆文化
[第15回]総括
教科書 特に指定しない。
参考文献 『歴史評論』(歴史科学協議会編、月刊誌)
『深谷克己近世史論集』全6巻(校倉書房、2009-2010年)
『〈江戸〉の人と身分』全6巻(吉川弘文館、2010-2011年)
『シリーズ日本人と宗教』全6巻(春秋社、2014-2015年)
『戦後歴史学用語辞典』(東京堂出版、2012年)
そのほか、適宜、必要に応じて講義中に紹介する。
成績評価方法 報告・討論への積極的参加。平常点100%。
備考・関連URL

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read