cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院教育学研究科
科目名
歴史学特論XI-2(西洋中近世史)

担当教員 堀越 宏一
学期曜日時限 秋学期  火2時限
科目区分 選択・社会科教育特論以外 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 16-402-1 キャンパス 早稲田
科目キー 371D22001H 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード HISB687L
大分野名称 歴史学
中分野名称 アジア史
小分野名称 その他
レベル 修士レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:43:02

授業概要  中世ヨーロッパ研究において、ラテン語史料の読解技術の習得は、専門研究のための必須のスキルである。そして、その習得は、ラテン語以外のヨーロッパ諸言語の理解もまた容易にしてくれるという効用をもっている。このような中世ラテン語テキスト学習の有用性にかんがみ、この授業では、中世ラテン語で書かれた史料の読解に習熟することを目指す。
 今年度は、前期に引き続き、リゴルドゥス『フィリップ・オーギュスト事績録』(フランス国王フィリップ2世の伝記)を読む。
授業の到達目標 中世ラテン語で書かれた史料の読解と内容理解に習熟する。
授業計画 第1回:中世ラテン語史料の講読(1) 重点文法事項(以下同様):動詞(第1・2活用)基本形
第2回:中世ラテン語史料の講読(2) 動詞(第3・4活用)基本形
第3回:中世ラテン語史料の講読(3) sum
第4回:中世ラテン語史料の講読(4) 不規則動詞
第5回:中世ラテン語史料の講読(5) 形式所相動詞 deponentia
第6回:中世ラテン語史料の講読(6) 不定詞
第7回:中世ラテン語史料の講読(7) 分詞
第8回:中世ラテン語史料の講読(8) 動名詞・動形容詞
第9回:中世ラテン語史料の講読(9) 命令法
第10回:中世ラテン語史料の講読(10) 未来形と完了形
第11回:中世ラテン語史料の講読(11) 接続法
第12回:中世ラテン語史料の講読(12) 絶対奪格
第13回:中世ラテン語史料の講読(13) 従属文(間接話法など)
第14回:中世ラテン語史料の講読(14) 従属文(時間に関するもの)
第15回:全体の総括
教科書 テキストは、コピーして配布する。
参考文献 授業中に適宜指示する。
成績評価方法 テキストの予習状況に基づく平常点により、100%評価する。
備考・関連URL

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read