cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院教育学研究科
科目名
社会学特論II-1(視覚社会学)

担当教員 北澤 裕
学期曜日時限 春学期  金3時限
科目区分 選択・社会科教育特論以外 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 北澤裕研究室 キャンパス 早稲田
科目キー 371D220037 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード SOCX661L
大分野名称 社会学
中分野名称 社会学
小分野名称 文化・宗教・社会意識
レベル 修士レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:43:02

副題 文化表象と社会・人間<1>
授業概要  視覚とこの文化的表象である「ヴィジュアル・カルチャー」と「社会」ならびに「人間」との関連性の考察を基本とするが、視覚やヴィジュアル・カルチャーにとどまらず、幅広くその他の「知覚」や「感覚」およびこれにまつわる文化的表象と社会・人間との関係を捉えてゆく。視覚を含めた知覚と文化的表象は人のアイデンティティをどのように構築するのか、社会の構成にどの様な影響を及ぼしているのかのその仕組みや方法を、さまざまな視点から捉え理論的な検討を加える。
授業の到達目標  人は様々な対象をどのようにして知覚し捉えこれを文化として表象し伝えようとするのか、またこれにより人や社会がどのように構成されるのか、その仕方や方法を理解することを目標とする。  
事前・事後学習の内容  文献をただ読み訳すのではなく、意味や内容を明確に捉え理解し説明ができるようにしておくことが必要。また、自らの研究にどのように役立てるのかも事後に検討する。
授業計画  春学期は以下の文献をを読み進める予定であるが、受講生の関心により講読文献を変更することがある。
・Robert Jutte, 'Cyberspace and the Future of the Senses,' in A History of the Senses: From Antiquity to Cyberspace, Polity, 2005.
・Jose Luis Bermudez,'Bodily Awareness and Self-Consciousness, in Shaun Gallagher (ed.), The Oxford Handbook of the Self, Oxford University Press, 2011.
第1回:オリエンテーション。
第2回:視的レトリックとイメージ
第3回:タイムマシーンとしての視覚文化
第4回:オーセンティシティの視的構成
第5回:パレルゴンへの配視
第6回:フォエダスからクリナメン
第7回:見ることと自己構築
第8回:眼差しによる他者の構成
第9回:対自的な美と崇高
第10回:センチメンタルなピクチャレスク
第11回:言葉を眺め、聞くを見る
第12回:雰囲気の知覚と情動形成
第13回:知覚表象の変様と回帰
第14回:対象aの襲来
第15回:まとめ。
教科書 上記文献を教員の側で用意する。

参考文献 ・アラン・コルバン他編「身体の歴史I・II・III」鷲見洋一・小倉孝・岑村傑監訳、藤原書店、2010年。
・ジャック・デリダ「触覚」松葉祥一・榊原達哉他訳、青土社、2006年。
・William M. Reddy, The Navigation of Feeling, Cambridge University Press, 2001.
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 20% 学年末に3200字ほどの簡単なレポートを課す。
平常点評価: 80% 研究の準備状況、報告内容により総合的に評価する。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read