cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院教育学研究科
科目名
英語科教育学研究指導(D-1)(原田)

担当教員 原田 哲男
学期曜日時限 春学期  金4-5
科目区分 研究指導(博士後期)・教科教育(英) 配当年次 1年以上 単位数 0
使用教室 16-826研修室 キャンパス 早稲田
科目キー 372B150018 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LNGF799G
大分野名称 言語学
中分野名称 外国語教育学
小分野名称 卒業論文/研究、修士/博士論文
レベル 博士レベル 授業形態 研究指導

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 16:43:02

授業概要 第二言語習得と外国語教育のインターフェースを扱い、教室での外国語学習に与える様々な要因を応用言語学の観点から考察する。とくに、内容と言語を統合したカリキュラム(CBIやCLIL、バイリンガル教育、イマージョン教育、English-medium instruction等)で、外国語がいかに習得されるかを、言語学的側面を中心に研究する。第二言語習得は、学習開始年齢、インプットの質や量、母語の使用量など様々な要因が関与しているが、それが一般の外国語学習者だけでなく、バイリンガルや早期外国語学習者にいかに影響しているかを検討する。博士論文執筆の出発点として、国際会議での発表や海外の学術雑誌への投稿を目標とする。なお、担当教官の最近の研究動向(イマージョン教育や早期外国語教育の音声・音韻習得が中心)は、早稲田大学のホームページの右上にあるデータ集の「研究者データベース」をクリックし、「原田哲男」と入力すると検索できる。
授業の到達目標
授業計画
成績評価方法
割合 評価基準
試験:

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read