cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School Graduate School of Social Sciences
Course Title
Eurasian, and Global Food and Resource Economic Studies I(fall semester)

Instructor GEMMA, Masahiko
Term/Day/Period fall semester  Sat.2
Category Policy Science Research Program Eligible Year 1st year and above Credits 2
Classroom 14-1054(共同研究室) Campus waseda
Course Key 3911210012 Course Class Code 01
Main Language Japanese/English
  Course Code ECNA602S
First Academic disciplines Economics
Second Academic disciplines Applied Economics
Third Academic disciplines Applied Economics
Level Level of Master Types of lesson Seminar

Syllabus Information

Latest Update:2019/02/28 18:21:59

Course Outline

 中東欧、中央アジア、南アジア、東南アジア、中国などのユーラシア地域は、大きな変革期にあたっている。移行国においては、さまざまな経済・社会制度改革が実施されつつある。また経済が発展途上にある国においては、最貧国では貧困軽減、食糧確保など、また中進国においても所得格差の是正、環境問題などを含む持続的成長に向けての政策的努力が続けられている。

 これらの現状を把握した上で、この広範な地域の抱える問題点・開発課題について考察することは重要である。

 これらの問題点・課題を理解するのに役立つ研究手法の習得をはかることを目的に演習を行う。

 

Economic reforms have been implemented in many developing and transition economies for economic and social development. Efforts have been also made to alleviate poverty in developing countries and to reduce income disparity and environmental degradation in the middle income countries.

 

The objectives of this course are 1) to understand the economic development issues related with developing and transition economies and 2) to obtain tools for economic analyses on the policies and institutions in these economies. The students will also be trained to prepare for academic paper writing and academic presentations.

.

Objectives  ユーラシア地域の経済・政治・社会の現状を把握した上で、この広範な地域の抱える問題点・開発課題について考察するのに役立つ研究手法の習得する。

 Economic and social development issues will be understood after completing the course. The tools to conduct empirical analyses will be obtained.
before/after course of study 予習復習としてCourse N@viに掲載する資料の学習を求める。これには90分~120分かかると想定される。

 Up to 120 minutes of studies at home are needed before and after class.
Course Schedule
1:
第1回

R以上の目標を達成するために、以下の課題に関して演習を行い、分析手法の習得をはかる。 

 

Analytical skills are obtained.

 

費用効率性分析手法の理解をはかるための参考文献の講読及びディスカッション

Tools on allocative efficiency measurement are studied.

 

2:
第2回
経済効率性分析手法の理解をはかるための参考文献の講読及びディスカッション Economic efficiency measurement methods are discussed.
3:
第3回
経済効率性分析手法の理解をはかるための参考文献の講読及びディスカッション Economic efficiency measurement methods are discussed.
4:
第4回
経済効率性分析手法の理解をはかるための参考文献の講読及びディスカッション References on economic efficiency measurements are studied.
5:
第5回
アウトプットオリエンテーションとインプットオリエンテーションの違いに関する参考文献の講読及びディスカッション  Output orientation and input orientation in efficiency studies are discussed using reference materials.
6:
第6回
アウトプットオリエンテーションとインプットオリエンテーションの違いに関する参考文献の講読及びディスカッション Output orientation and input orientation in efficiency studies are discussed using reference materials.
7:
第7回
アウトプットオリエンテーションとインプットオリエンテーションの違いに関する参考文献の講読及びディスカッション Output orientation and input orientation in efficiency studies are discussed using reference materials.
8:
第8回
Malmquist Decompositionに関する参考文献の講読及びディスカッション Malmquist TFP studies are discussed. 
9:
第9回
Malmquist Decompositionに関する参考文献の講読及びディスカッション  Malmquist TFP studies are discussed.
10:
第10回
Malmquist Decompositionに関する参考文献の講読及びディスカッション  Malmquist TFP studies are discussed.
11:
第11回
Directional Distance Functionに関する参考文献の講読及びディスカッション  Directional distance function approaches are discussed.
12:
第12回
Directional Distance Functionに関する参考文献の講読及びディスカッション Directional distance function approaches are discussed. .
13:
第13回
Directional Distance Functionに関する参考文献の講読及びディスカッション Directional distance function approaches are discussed.
14:
第14回
通年の総括・今後の課題の検討   Review of materials and future studies are discussed.
15:
第15回

研究論文提出及び講評・参考文献の講読及びディスカッション  Term papers are discussed.

Textbooks 適宜、授業中に指示する。

No textbook is assigned.

Reference 適宜、授業中に指示する。

Reference materials are provided in CourseN@vi.
Evaluation
Rate Evaluation Criteria
Exam: 0% 該当なし
No written examinations are conducted.
Papers: 50% 議論の内容をまとめたレポートの内容と構成を評価する。
The structure and contents of papers are examined.
Class Participation: 50% 出席と議論の内容を評価する。
Class attendance and participation to discussions are evaluated.
Others: 0% 0
Note / URL ※本科目は英語学位プログラムの履修者がいない場合は「日本語」で実施される可能性があります。

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read