cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院社会科学研究科
科目名
現代メディア論研究演習 I(秋学期)

担当教員 有馬 哲夫
学期曜日時限 秋学期  水3時限
科目区分 演習I(地球社会論専攻) 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 14-806共同利用研究室7 キャンパス 早稲田
科目キー 3912525012 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード MDAX602S
大分野名称 メディア研究
中分野名称 メディア研究
小分野名称 メディア研究
レベル 修士レベル 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/28 18:21:59

副題 メディア研究文献講読
授業概要 ジョシュア・メイロウィッツ、ポール・レヴィンソンの著作を中心に講読していく。必要に応じて他の研究者の著作・論文も読む。

テキストの精読以外に自前のアンケート調査やデータ解析やレポート作成などいろいろな作業を与えるので、それぞれに十分な時間をかけること。

 


授業の到達目標 ジョシュア・メイロウィッツやポール・レヴィンソンの理論がインターネットと携帯電話の時代にどのような有効性を持つのか、あるいは限界があるのかを理解できるようになること、またメディアの現状をメディア理論によって分析的にを考えられるようになることを目標とする。
授業計画
1:
第1回
メイロウィッツ、「新しい集団的アイデンティティー」講読、議論。
2:
第2回
メイロウィッツ、「成長への新しい道」講読、議論。
3:
第3回
メイロウィッツ、「効果へのループ」講読、議論。
4:
第4回
レヴィンソンI章、「イントロダクション」講読、議論。
5:
第5回
レヴィンソンII、III章、「説明嫌い」、「ネットワークのコンテンツ」講読、議論。
6:
第6回
レヴィンソンIV、V章、「サイバースペース」、「オンラインの天使」講読、議論。
7:
第7回
レヴィンソンVI章、「のぞき見趣味から参加者へ」講読、議論。
8:
第8回
レヴィンソンVII章、「中心の運命」講読、議論。
9:
第9回
レヴィンソンVIII章、「画面の向こうの心」講読、議論。
[第2回]メイロウィッツ、「成長への新しい道」講読、議論。
[第3回]メイロウィッツ、「効果へのループ」講読、議論。
[第4回]レヴィンソンI章、「イントロダクション」講読、議論。
[第5回]レヴィンソンII、III章、「説明嫌い」、「ネットワークのコンテンツ」講読、議論。
[第6回]レヴィンソンIV、V章、「サイバースペース」、「オンラインの天使」講読、議論。
[第7回]レヴィンソンVI章、「のぞき見趣味から参加者へ」講読、議論。
[第8回]レヴィンソンVII章、「中心の運命」講読、議論。
[第9回]レヴィンソンVIII章、「画面の向こうの心」講読、議論。
10:
第10回
レヴィンソンIX章、「すごくクールなテキスト」講読、議論。
11:
第11回
レヴィンソンX章、「さびたゲートキーパー」講読、議論。
12:
第12回
レヴィンソンXI章、「サーフィンする奴隷」講読、議論。
13:
第13回
レヴィンソンXII章、「美の機械」講読、議論。
14:
第14回
レヴィンソンXIII章、「オンラインでうごくバリ人」講読、議論。
15:
第15回
レヴィンソンXIV章、「輝きながらガラスを通して」講読、議論。
教科書 エリック・マクルーハン編、有馬哲夫訳、『エッセンシャル・マクルーハン』(2006年NTT出版)、ジョシュア・メイロウィッツ、安川一他訳、『場所間の喪失』(2003年新躍社)、ポールレヴィンソン、服部桂訳『デジタル・マクルーハン』(2000年NTT出版)
参考文献 学生のテーマにあわせて、論文作成の進み具合に合わせて指示する。
成績評価方法
割合 評価基準
平常点評価: 100% 授業で発表し、レポートを提出してもらう
備考・関連URL 関連URL:
http://www.f.waseda.jp/tarima/

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read