cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院社会科学研究科
科目名
環境経済学研究演習 I(秋学期)

担当教員 赤尾 健一
学期曜日時限 秋学期  土1時限
科目区分 演習I(政策科学論専攻) 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 14-1046(共同研究室) キャンパス 早稲田
科目キー 3912555012 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日・英併用
  コース・コード ECNA662S
大分野名称 経済学
中分野名称 応用経済学
小分野名称 農業経済学・環境経済学・資源経済学
レベル 修士レベル 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/28 18:21:59

副題 Seminar on Environmental and Resource Economics
授業概要 授業はセミナー形式で、教材の要約・報告と議論によって行います。今年度は Handbooks in Environmental Economics, edited by K-G Maler and J.R. Vincent, three volumes, Elsevier を読む予定です。発表準備、輪読本の読了のために平均3時間/週の予習が必要となります。
 
In this seminar, students will read papers and books selected in environmental and resource economics. Each student presents the assigned material and then we discuss it. In 2018, we will read Handbooks in Environmental Economics, edited by K-G Maler and J.R. Vincent, three volumes, Elsevier. The electric version is available in the electric archive of Waseda library. As a prerequisite, basic knowledge in economics is recommended. Students are required to do adequate and careful preparation.  Preparations should take about 3 hours or more per week.
授業の到達目標 環境経済学の専門的な知識を身につけ、環境と経済の関係についての経済学的理解を深化させること、環境政策の評価や提案ができるようになることを目的とします。

Throughout this seminar, participants will gain knowledge of environmental economics and achieve the skill to analyze the relationship between economy and the environment.
事前・事後学習の内容 十分な時間をかけて教材を注意深く読んでくること。そのために毎週3時間程度の時間が必要になります。講義に出席する前にわからない点は何か明らかにしておくこと。

Read carefully the materials in advance, taking adequate time. It should take about 3 hours or more per week. Before attending class, clarify what you have and have not understood about the materials.
授業計画
1:
第1回
Orientation and Chapter 1 - Geophysical and Geochemical Aspects of Environmental Degradation
2:
第2回
Chapter 2 - Ecosystem Dynamics
3:
第3回
Chapter 3 - Property Rights, Public Goods and the Environment
4:
第4回
Chapter 4 - Economics of Common Property Management Regimes
5:
第5回
Chapter 5 - Population, Poverty, and the Natural Environment
6:
第6回

Chapter 6 - The Theory of Pollution Policy


7:
第7回
Chapter 7 - Mechanism Design for the Environment
8:
第8回
Chapter 8 - The Political Economy of Environmental Policy
9:
第9回
Chapter 9 - Experience with Market-Based Environmental Policy Instruments
10:
第10回
Chapter 10 - Experimental Evaluations of Policy Instruments
11:
第11回
Chapter 11 - Technological change and the Environment
12:
第12回
Chapter 12 Welfare Theory and Valuation
13:
第13回
Chapter 13 Environment, Uncertainty, and Option Values
14:
第14回
Chapter 14 Valuing the Environment as a Factor of Production
15:
第15回
Chapter 15 Recreation Demand Models
教科書 Handbook of Environmental Economics. Edited by Karl-Gran Mler and Jeffrey R. VincentElsevier B.V., Vol.1, 2003 and Vol.2, 2005
参考文献 適宜、指定します。

Related literature will be introduced in class.
成績評価方法
割合 評価基準
平常点評価: 100% 事前の準備、授業中の積極的な発言、発表、思考能力を評価する。

Presentation, participation in discussions, preparation, and comprehension are considered during evaluation.
備考・関連URL

※本科目は英語学位プログラムの履修者がいない場合は「日本語」で実施される可能性があります。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read