cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院アジア太平洋研究科
科目名
デジタル・サステイナビリティ (E)

担当教員 三友 仁志
学期曜日時限 春クォーター  水3-4
科目区分 国際協力・政策研究 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 19-712 キャンパス 早稲田
科目キー 40010422A5 科目クラスコード 02
授業で使用する言語 英語
  コース・コード INFJ611L
大分野名称 情報学
中分野名称 ネットワークと通信
小分野名称 一般
レベル 修士レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/17 19:20:13

副題 ICT and media towards smart societies
授業概要

*This Course is a designated course for JICA Program with Universities for Development Studies (JProUD).


This course focuses on the importance of Information and Communication Technology (ICT) as a key social infrastructure for development. Students will learn the utilisations of ICT from policy, economic, and social perspectives; critically examine their social and economic impacts; and evaluate how ICT changes traditional mass media and social media.

Japan has developed nationwide ultra-high speed optical fibre and mobile networks that made it one of the world’s most advanced ICT countries in terms of infrastructure development. However, infrastructure alone is not sufficient to achieve economic growth and social wellbeing. Benefits of ICT have to be realised through utilisations. For instance, while ICT has revolutionised the ways we communicate and conduct business, it also can improve social wellbeing by improving education and healthcare.

In addition, ICT can also be a powerful tool for dealing with social problems such as aging societies and shrinking population. That being said, there are also negative effects. For instance, for a society to be truly benefited from ICT, its availability should not be limited to people in urban areas, but also to people in poor, remote, and sparsely populated areas. However, known as ‘digital divide,’ since ICT infrastructures and services are provided by private companies, remote areas are often left behind because of the lack of business incentive. Currently, services provided to remote areas are realised by government subsidies. This approach, however, cannot resolve the problem of under-utilisation. Furthermore, because of technology advancements, broadcasting and telecommunications are becoming increasingly converged, and this is further increasing the financial pressure on ICT service providers. These issues, along with others, will be discussed based on actual case studies.



この授業では、21世紀を支える社会基盤としての役割を期待される情報通信が、真に社会を支えるために、その利活用のあり方、具体例、利活用を推進するための政策、競争の促進、市場原理の活用等について体系的に習得することを目的とします。さらに、広く情報通信の発展を捉え、都市、地域、市民生活、環境に与える影響を多面的に考察します。また、メディアの観点から、従来型のマスメディアに加え、ソーシャルメディアが社会において果たす役割について考察します。
日本は、光ファイバーを中心としたブロードバンドのネットワーク整備が進んでおり、世界をリードしているといえます。しかし、インフラを整備するだけでは真に社会に役立つとはいえず、それをいかに我々の社会で活用するかが大切です。実際に、我々の生活やビジネスでは情報通信技術の利用が進んでおり、大きな恩恵を受けていますが、さらに、医療や教育等においても適切に利用を促進することによって、社会により大きなメリットがもたらされる可能性があります。
それによって、人口の減少や高齢化、そのほか我々の社会が直面する諸問題に対処するための有効な処方箋が見いだされる可能性があります。他方、情報通信の望ましくない利用によって、社会的問題や歪みなど、ネガティブな影響がもたらされるおそれもあります。さらに、国民全体が情報化の便益を享受するためには、都市部ばかりでなく、中山間地や離島など、地理的な条件不利地域においても利用可能性が確保される必要があります。デジタル・ディバイドと呼ばれる問題は、発展途上国だけでなく、先進国においても、解決すべき重要な課題となっています。情報通信のインフラやサービスは民間企業によって供給されているので、収益性が常に問題となります。政府による補助の可能性が検討される必要がありますが、供給だけがあっても利活用が推進されるわけではありません。本講義では、デジタル・ディバイドの解決策について総合的に検討します。技術の発展に伴い、マスメディア(放送)と通信とが融合する方向に進んでいます。マスメディアの今後の在り方や、通信との融合についても検討します。
事例の紹介とともに、社会において情報通信とメディアの利活用を促進するための枠組みに焦点を置きます。本講義は講義・ゼミ両形式で行います。評価に際しては,講義への積極的な参加を重視します。受講者には、各回予めリーディングを済ませ、講義内でのディスカッションに備えた上での出席が期待されます。
授業の到達目標 Technology infrastructure development and utilisation should go hand in hand. However, because of the rapid growth in information and communications technology (ICT), this balance is becoming more difficult to maintain. The goal of this course is to understand key concepts and frameworks for increasing the efficiency of ICT as a social infrastructure, and to acquire abilities to apply them to solve social and economic problems.

インフラの整備は利活用の促進と一体で行われなければならないと言われます。情報通信技術の急速な発展によって、このバランスは失われがちです。社会基盤としての情報通信の有効性を発揮させるための基本的な考え方、枠組みを理解し、応用できる能力の獲得を目指します。
事前・事後学習の内容 This course will make the most of group works in addition to lectures. The reading list will be handed out in the first class. Preparation and/or review are required depending on the content of each class.
授業計画
1:
Introduction
Course introduction and overview. An updated course outline will be handed out.
2:
ICT development 1

ICT and broadband development in Japan

3:
ICT development 2
ICT and broadband trends in the world
4:
Social impact of ICT
Universal service and digital divide
5:
Social impact of ICT
Contribution of ICT to SDGs
6:
Group work 1
In class presentation/debate on preassigned topic
7:
Mass media and social media
The role of traditional mass media and the impact of social media 
8:
ICT in disaster recovery

Roles of ICT and media in times of crisis

9:
ICT and collective behaviour
Impact of ICT and media on collective behaviour
10:
ICT in education

ICT applications in education and society

11:
ICT market trends

Guest speaker - TBD

12:
Future development of ICT 1

Big data, IoT (Internet of Things), and AI (Artificial Intelligence)

13:
Future development of ICT 2

Expectation of 5G mobile technologies

14:
Group work 2

Group presentations on preassigned topic

15:
Company visit

Visit a company related with lecture topics

 

教科書 Since techology development is very rapid in ICT, we do not use any specific textbook. However, a reading list will be provided in the first class.

進化の早い分野なので、特定の教科書は使用しませんが、文献は講義の中で適宜配布あるいはダウンロードを指示します。
参考文献 Articles will be guided in the classes. We will start with the following governmental report:
Ministry of Internal Affairs and Communications, White Paper: Information and Communications in Japan, latest version
(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/eng/whitepaper.html)

講義の中で、適宜指示しますが、
総務省、『情報通信白書』、最新年度版
(http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/からダウンロード可)
は必須です。

成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 60% Interim and final assgnments
授業の期間中に出される宿題、学期最後の課題が含まれます。
平常点評価: 40% Class participation and attendance
出席点ではなくclass participationの評価です。発表、質疑討論への参加が評価の対象です。
備考・関連URL

Lectures are given in  English in the spring quarter and in Japanese in the fall quarter. Due to different reading materials, the lectures will not be the same.

 

春学期は英語で、秋学期は日本語で講義します。両学期では利用可能な教材が異なりますので、講義の内容も異なります。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read