cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院アジア太平洋研究科
科目名
ICT・メディア研究 (研究指導)

担当教員 三友 仁志
学期曜日時限 秋学期(アジア)/冬学期(アジア)  01:水6時限/02:無その他
科目区分   配当年次 1年以上 単位数 0
使用教室   キャンパス 早稲田
科目キー 400201A355 科目クラスコード 02
授業で使用する言語 日・英併用
  コース・コード INFJ714G
大分野名称 情報学
中分野名称 ネットワークと通信
小分野名称 一般
レベル 博士レベル 授業形態 研究指導

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/26 13:52:59

授業概要 <当該プロジェクト研究の課題・対象分野>
このプロジェクトでは、情報通信の利活用を前提として、情報通信サービスの経済学的特性と、情報化が経済社会環境に与える影響を、理論的および実証的に分析することにより、情報通信の政策やビジネスに関する深い洞察力を養うことを目的とします。情報通信というサービスは、通常の財サービスと異なり、特有の性質を持っています。それゆえ、想像を超えるほど急速に普及したり、社会に大きなインパクトをもたらします。それら全体が、このプロジェクトの分析の対象です。
<アプローチ手法・研究手段>
まず問題意識を持ち、「仮説」を設定することからはじめます。そのためには、情報通信を巡る社会経済的情勢について、学際的な幅広い視野で見渡すとともに特定の問題について専門的な鋭い観察が必要です。情報通信技術の急速な発達に伴い、われわれの生活、経済、社会は大きく影響を受けています。現れる現象を注意深く観察すると、多くの疑問が浮かびます。つぎにそれらが果たして分析可能な対象であるか、見極めます。そのためには、先行研究のサーベイを行い、操作可能な分析手法についてマスターしている必要があります。経済学を共通のツールとして、必要に応じ分析に必要な市場調査、統計学、多変量解析等の手法を習得します。ただし、定量的な分析の前提として、十分に定性的な分析が行われていることが求められます。成果としてまとめられる論文には、科学的な客観性、再現性が求められます。
<主な特徴-具体的展開など>
様々なバックグラウンドをもつ優秀な学生を求めます。「指導」という上下関係よりも、むしろ共同研究者となりうる資質が重要です。すでにいくつかのテーマについて共同研究プロジェクトもすすめられており、それへの参加も可能です。学生自身の学問的関心と自主性を尊重するため、学生の自発的な計画設定で研究を進める方式を採っています。学生は、各学期の初めに研究計画を提出します。それに基づき、達成されるべき成果について詳細かつ具体的計画を立てます。研究の進捗状況は目標の達成度で把握します。

Students in this course are regarded as co-researchers rather than marely in a mentoring relationship.
The course is oriented to gain a deep insight into utilization of ICT in civic life and business, and to investigate policies for supporting it. It will focus on two major areas: the economic analysis of information and telecommunications; and the effects of information technology on economies, society and people’s lives. Policies are considered as the application of economic ideas to promote further utilization of ICT.
Applications of regulatory frameworks should be limited to the cases where the market mechanism does not work properly.
Students can employ an interdisciplinary approach, making use of materials from various academic areas such as economics, marketing, psychology, regional and environmental sciences, and socioeconomic planning.
The process starts with a hypothesis for research. Students are requested to carefully examine current and projected conditions in the telecommunications markets or ICT usage in people's life, with an eye toward identifying potential problems, then proceed to a survey of previous studies in an effort to develop possible solutions. In addition to the course’s economics-related materials, students are expected to learn statistics as needed. Qualitative analysis will be supplemented with theoretical and/or quantitative analysis.
Students in this course have various backgrounds ranging from human and social sciences to engineering and natural sciences. Foreign students and working students are very much welcome.
Each student’s achievement will be evaluated regularly and his or her plans updated to reflect new goals. Students lacking analytical tools can join study groups, which are run voluntarily by students. It is a prerequisite to present their research results in academic conferences or submit papers to academic journals.
授業の到達目標 最終的な目標は、独立した研究者としての資質を獲得することです。そのためには、質の高い研究論文の作成とそれに基づく博士学位論文の作成が必要です。研究成果は、国内外の学会における発表、ジャーナルへの投稿が求められます。

The goal of this course is to cultivate the qualities that is required to be an established researcher. For this purpose, students are requested to write a high-quality PhD thesis based on high-quality researches. Presentations in academic conferences and submission of papers to journals are strongly recommended.
授業計画 [第 1回] 研究成果発表と討論 Research presentation and discussion
[第 2回] 研究成果発表と討論 Research presentation and discussion
[第 3回] 研究成果発表と討論 Research presentation and discussion
[第 4回] 研究成果発表と討論 Research presentation and discussion
[第 5回] 研究成果発表と討論 Research presentation and discussion
[第 6回] 研究成果発表と討論 Research presentation and discussion
[第 7回] 研究成果発表と討論 Research presentation and discussion
[第 8回] 研究成果発表と討論 Research presentation and discussion
[第 9回] 研究成果発表と討論 Research presentation and discussion
[第10回] 研究成果発表と討論 Research presentation and discussion
[第11回] 研究成果発表と討論 Research presentation and discussion
[第12回] 研究成果発表と討論 Research presentation and discussion
[第13回] 研究成果発表と討論 Research presentation and discussion
[第14回] 研究成果発表と討論 Research presentation and discussion
[第15回] 研究成果発表と討論 Research presentation and discussion
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0% なし
レポート: 0% なし
平常点評価: 100% 定期的な研究発表の内容、および他の発表者に対するコメントや質問による貢献によって判断します。
Evaluation is based on his/her presentations, discussions, and questions and comments on presentations made by other students.
その他: 0% なし
備考・関連URL

ゼミの活動状況などは、ゼミのホームページにあります。下記のアドレスをご参照下さい。

Seminar activities are shown in the following website:

http://digitalsociety.jp

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read