cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2017年度 開講箇所 大学院情報生産システム研究科
科目名
制御工学

担当教員 李 羲頡
学期曜日時限 春学期  木3時限
科目区分 生産システム分野 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 講義室9 キャンパス 北九州
科目キー 440110050F 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード SYSV601L
大分野名称 制御・システム工学
中分野名称 その他制御・システム工学
小分野名称 制御・システム工学
レベル 修士レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2017/03/14 12:29:39

授業概要

フィードバック制御は、現在あらゆる産業に応用され、その有効性が実証されているが、それに伴い、制御の考え方、制御系の解析・設計手法はエンジニアの素養として必要不可欠なものになっている。特に、周波数領域におけるロバスト性を考慮した制御系設計理論の実用性が認識され、周波数応答の重要性が増している。そこで本講義では、周波数領域における線形制御理論について講述する。

 

The way of thinking for control and the methods of analysis and design for control systems are required for modern engineers as a basic knowledge with applications of feedback control to many fields of industry. The linear control theory in frequency domain will be treated principally. 

授業の到達目標 講義を通して、制御対象の動的挙動を表す数学モデルの一つである伝達関数の導出や制御系の設計法ができるとともに、その安定解析と制御性能を分析できる。

You can understand well how to deduce transfer functions for a given system, how to design control systems, and how to analyze stability and performance of the control system.
事前・事後学習の内容 テキストを用いて予習をするように。予習には90分程度掛かる事が予想されます。
Your preparation for next lesson about 90 minutes is needed using the textbook.
授業計画

[第 1回] ガイダンス

[第 2回] 自動制御の概念

[第 3回] ラプラス変換

[第 4回] 伝達関数

[第 5回] インパルス応答と伝達関数

[第 6回] 過渡応答

[第 7回] 周波数応答と周波数伝達関数

[第 8回] ベクトル軌跡、ボード線図、ニコルス線図

[第 9回] ラウス・フルビッツの安定判別法

[第10回] ナイキストの安定判別法

[第11回] 制御性能

[第12回] 根軌跡法

[第13回] 補償の概念

[第14回] プロセス制御系の設計

[第15回] 理解度の確認

 

1. Guidance

2. What is Control Engineering

3. Laplace Transform

4. Transfer Function

5. Inpulse Responce and Transfer Function

6. Transient Response

7. Frequency Response and Frequency Transfer Function

8. Vector Locus, Bode diagram and Nichols Chart

9. Routh-Hurwitz Stability Criterion

10. Nyquist Stability Criterion

11. Performance of Control System

12. Root-Locus Technique

13. Fundamental Principle of Design

14. Design of Process Control System

15. Confirmation of Comprehension

教科書 制御工学、李他著、愛智出版

========================================================================
“Control Engineering” h.LEE et al., Aichi Press
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 70% 定期試験
Test
レポート: 20% レポート
Report
平常点評価: 10% 平常点
Attendance
備考・関連URL

新しい概念や数式の意味を理解し、レポート問題で計算能力を高める.

課題はCourseN@viのお知らせ機能などを通じてフィードバックを行う.

========================================================================

Understandwell-meaning of new concept and numerical formula.
The feedback of assignments will be informedthrough CourseN@vi.

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read