cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2017年度 開講箇所 大学院情報生産システム研究科
科目名
ビジネスプロセスモデリング

担当教員 藤村 茂
学期曜日時限 秋学期  火6時限
科目区分 情報アーキテクチャ分野 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 コンピュータ実習室2 キャンパス 北九州
科目キー 440111290A 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日・英併用
  コース・コード MGTX651L
大分野名称 経営工学
中分野名称 経営工学
小分野名称 経営情報システム
レベル 修士レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2017/03/14 16:23:20

授業概要

企業の業務系システムの開発、特にエンタプライズリソースプランニング(Enterprise Resource Planning: ERP)やサプライチェーンマネジメント(Supply Chain Management: SCM)システムの開発が多く行われている。このようなダイナミックなシステムの開発のために、柔軟な対応性および拡張性を導入した従来のシステム設計手法と異なる業務プロセスモデリングの概念が近年取り入れられている。本授業では、これらのシステム開発に必要な基本的な技術として、業務プロセスモデリングのためのいくつかの手法や記法を概説し、その実際の構築例を示し、このような手法の有用性を確認する。

 

A lot of enterprise business systems, especially ERP (Enterprise Resource Planning) and SCM (Supply Chain Management) systems, are developed. Recently, the concept of Business Process Modeling that is a different approach from a past system design technique has been used to introduce a flexible adaptability and extensibility to develop such dynamic systems. In this class, some techniques and the notation for the business process modeling are outlined as a basic technology necessary for the system development, and it's effectiveness is shown through the exercise of application development.

 

レポート提出のための自主学習が必要(2-3日/レポート)

Self-directed learning for report submissions is needed. (2-3 days / report)

授業の到達目標 業務プロセスモデリングの基礎知識を習得する。
acquire the basic knowledge of Business Process Modeling  
事前・事後学習の内容 各回の講義の前に、前回の講義の復習を必須とする。各回の予習には30分~60分かかると想定される。
Review of a last lecture for 30-60 minutes is indispensable before a lecture.
授業計画

[第 1回] オリエンテーション
[1] Orientation

[第 2回] 企業システムのいろいろ
[2] Enterprise Systems

[第 3回] BPNMのツールの紹介
[3] Tools for BPMN

[第 4回] BPMN (Business Process Modeling Notation) (1)
[4] BPMN (Business Process Modeling Notation) (1)

[第 5回] BPMN (Business Process Modeling Notation) (2)
[5] BPMN (Business Process Modeling Notation) (2)

[第 6回] BPMN (Business Process Modeling Notation) (3)
[6] BPMN (Business Process Modeling Notation) (3)

[第 7回] BPMN (Business Process Modeling Notation) (4)
[7] BPMN (Business Process Modeling Notation) (4)

[第 8回] モデル構築実習(1)
[8] Exercise (Model Construction for an Application) (1) 

[第 9回] モデル構築実習(2)
[9] Exercise (Model Construction for an Application) (2)

[第10回] プレゼンテーション(1)(理解度の確認・議論)
[10] Presentation (1)

[第11回] プレゼンテーション(2)(理解度の確認・議論)
[11] Presentation (2)

[第12回] モデル構築実習(3)
[12] Exercise (Model Construction for an Application) (3) 

[第13回] モデル構築実習(4)
[13] Exercise (Model Construction for an Application) (4) 

[第14回] プレゼンテーション(3)(理解度の確認・議論)
[14] Presentation (3)

[第15回] プレゼンテーション・試験(理解度の確認)
[15] Presentation and Examination

成績評価方法
割合 評価基準
試験: 80% Description
その他: 20% Report and Presentation
備考・関連URL

レポートの発表に対して評価を行いフィードバックする。

Feedback to reports will be done in the individual presentation.

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read