cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院情報生産システム研究科
科目名
機構学

担当教員 田中 英一郎
学期曜日時限 春学期  水5時限
科目区分 生産システム分野 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 講義室1 キャンパス 北九州
科目キー 440111440F 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日・英併用
  コース・コード MECX611L
大分野名称 機械工学
中分野名称 機械工学
小分野名称 設計工学・機械機能要素・トライボロジー
レベル 修士レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/13 18:59:16

授業概要

機構学とは、機械を構成する部分の運動や、その構成部分の組み合わせ方を取り扱い、「いかにしたら最も経済的に、所要の目的を達するような機械を製作できるか」を研究することである。本講義では、各種機械およびロボットの中で、よく用いられる様々な機構を紹介し、それらの運動解析の手法について学ぶ。

The lecture of kinematics of machinery deals with the motion of the elements consisted from a machine, and how to connect them. This lecture is to study “How we can design a machine which achieves the purpose of usage most economically”. In this lecture, commonly used various mechanisms which are used in various machines and robots are introduced, and the method of analysis of the kinematics of them is studied.
授業の到達目標 各種機構の基本的な考え方を理解する。/ Understanding the fundamental concept of each mechanism
各種機構の特徴を把握する。/ Grasping the feature of each mechanism
各種機構の基本的な運動解析ができる。/ Able to analyze fundamental kinematics of each mechanism
事前・事後学習の内容 予習として、教科書および資料の事前読了を求めます。予習は各週60-90分程度かかると想定されます。
Preparation for the next lesson is about 60-90 minutes using the textbook and lecture materials.
授業計画

[ 1] ガイダンス/Guidance

[ 2] 連鎖/ Chain

[ 3] 機構における運動(1)/ Fundamental Kinematics of Mechanism (1)
[
4] 機構における運動(2)/ Fundamental Kinematics of Mechanism (2)
[
5] リンク機構(1)/ Link Mechanism (1)
[
6] リンク機構(2)/ Link Mechanism (2)
[
7] 摩擦伝動機構/ Friction / Traction Driving Mechanism
[
8] 理解度の確認(1)/
Comprehension check (1)
[
9] 歯車機構(1)/ Gear Mechanism (1)
[
10] 歯車機構(2)/ Gear Mechanism (2)
[
11] カム機構/ Cam Mechanism
[
12] 巻掛け伝動機構/Belt-Driving Mechanism / Chain-Driving Mechanism
[
13] ロボットの機構/ Robot Mechanism

[14] ロボット機構の運動解析/ Kinematic Analysis of Robot Mechanism
[
15] 理解度の確認(2)/
Comprehension check (2)
教科書 資料を配布する。
Handouts are distributed in class.
参考文献 JSMEテキストシリーズ 機構学 機械の仕組みと運動、日本機械学会、ISBN978-4-88898-167-5 C3353
その他参考文献は授業中に指示する。
References will be instructed in class.
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 60% 講義内容に関する理解度
Comprehension level about the contents of the lecture
レポート: 30% レポート構成の工夫、内容の正確さ、考察の深さ
Configuration of report writing, correctness and deepness of thinking about problems
平常点評価: 10% 出席率80%以上
Over 80% of attendance rate
備考・関連URL

最終授業で全体に対するフィードバックを行う.

In the final lecture, the feedback of all contents will be received.

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read