cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院情報生産システム研究科
科目名
機械システム設計演習B

担当教員 田中 英一郎
学期曜日時限 春学期  水3-4
科目区分 生産システム分野 配当年次 1年以上 単位数 4
使用教室   キャンパス 北九州
科目キー 440112660E 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日・英併用
  コース・コード MECX613S
大分野名称 機械工学
中分野名称 機械工学
小分野名称 設計工学・機械機能要素・トライボロジー
レベル 修士レベル 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/13 18:59:16

授業概要

機械システム設計に関する文献,特に人間の動作を補助する機器や人間の代わりになる機器の設計に関する最新の機器やアドバンストな機器に関する文献を選んでゼミナールを行う.

Some of the latest papers for the mechanical system design, especially life support devices and the device substitute for a human, are selected and a seminar is given.

授業の到達目標 これらを通して、自分の専門分野に関する最新の知識を習得し、また問題解決能力を養うことができる。
Through the seminar and discussions, you can acquire the latest knowledge related to the design of control systems and ability to solve problems.
事前・事後学習の内容 配布された資料を用いて予習をするように.予習には90分程度掛かる事が予想されます.
Your preparation for next lesson about 90 minutes is needed using the materials distributed.
授業計画

[ 1] 文献ゼミナール

[ 2] 文献ゼミナール

[ 3] 文献ゼミナール

[ 4] 文献ゼミナール

[ 5] 文献ゼミナール

[ 6] 文献ゼミナール

[ 7] 文献ゼミナール

[ 8] 文献ゼミナール

[ 9] 文献ゼミナール

[10] 文献ゼミナール

[11] 文献ゼミナール

[12] 文献ゼミナール

[13] 文献ゼミナール

[14] 文献ゼミナール

[15] 文献ゼミナール

 

1. Seminar on Literature

2. Seminar on Literature

3. Seminar on Literature

4. Seminar on Literature

5. Seminar on Literature

6. Seminar on Literature

7. Seminar on Literature

8. Seminar on Literature

9. Seminar on Literature

10. Seminar on Literature

11. Seminar on Literature

12. Seminar on Literature

13. Seminar on Literature

14. Seminar on Literature

15. Seminar on Literature

 

教科書 資料を配布する.
Materials are distributed.
参考文献 資料を配布する.
Materials are distributed.
成績評価方法
割合 評価基準
平常点評価: 20% 出席
Attendance
その他: 80% プレゼンテーション
Presentation
備考・関連URL

最終授業で全体に対するフィードバックを行う.

In the final lecture, the feedback of all contents will be received.

 

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read