cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院情報生産システム研究科
科目名
機械システム設計演習A

担当教員 田中 英一郎
学期曜日時限 秋学期  水2時限
科目区分 生産システム分野 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室   キャンパス 北九州
科目キー 440112680E 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日・英併用
  コース・コード MECX613S
大分野名称 機械工学
中分野名称 機械工学
小分野名称 設計工学・機械機能要素・トライボロジー
レベル 修士レベル 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/13 18:59:16

授業概要

本演習では,「快適」「便利」「長持ち」な機械システムにおける設計製作を主体とし,使用実験によりその装置の基本的な性能を評価検討する.

1. 歩行,起立,持ち上げなどの人間動作の把握

2. 人間動作を補助する機器の設計および製作

3. 歯車,軸受などの機械要素の実験装置の製作

4. 装置使用時の効果の基本的な評価実験

 

Designing and making a prototype of the mechanical system which equips “Safety”, “Sustainability”, and “Support feasibility” are exercised, and then experiments are performed.

1. Understand the motions of a human (walking, standing up, lifting, etc.)

2. Design and make a prototype of the life support device

3. Design and make a device of the experiment for machine elements

4. Fundamental experiments to confirm the effectiveness of devices
授業の到達目標 演習を通して,人間の動作を補助する機器や人間の代わりになる機器が開発でき、その基本的な性能が評価できる.
You can understand well how to design and make mechanical systems.
事前・事後学習の内容 配布された資料を用いて予習をするように.予習には90分程度掛かる事が予想されます.
Your preparation for next lesson about 90 minutes is needed using the materials distributed.
授業計画

1. 歩行,起立,持ち上げなどの人間動作の把握(1)

2. 歩行,起立,持ち上げなどの人間動作の把握(2)

3. 人間動作を補助する機器の設計および製作(1)

4. 人間動作を補助する機器の設計および製作(2)

5. 人間動作を補助する機器の設計および製作(3)

6. 人間動作を補助する機器の設計および製作(4)

7. 歯車,軸受などの機械要素の実験装置の製作(1)

8. 歯車,軸受などの機械要素の実験装置の製作(2)

9. 歯車,軸受などの機械要素の実験装置の製作(3)

10. 歯車,軸受などの機械要素の実験装置の製作(4)

11. 装置使用時の効果の基本的な評価実験(1)

12. 装置使用時の効果の基本的な評価実験(2)

13. 装置使用時の効果の基本的な評価実験(3)

14. 装置使用時の効果の基本的な評価実験(4)

15. 検討

1. Understand the motions of a human (walking, standing up, lifting, etc.) (1)

2. Understand the motions of a human (walking, standing up, lifting, etc.) (2)

3. Design and make a prototype of the life support device (1)

4. Design and make a prototype of the life support device (2)

5. Design and make a prototype of the life support device (3)

6. Design and make a prototype of the life support device (4)

7. Design and make a device of the experiment for machine elements (1)

8. Design and make a device of the experiment for machine elements (2)

9. Design and make a device of the experiment for machine elements (3)

10. Design and make a device of the experiment for machine elements (4)

11. Fundamental experiments to confirm the effectiveness of devices (1)

12. Fundamental experiments to confirm the effectiveness of devices (2)

13. Fundamental experiments to confirm the effectiveness of devices (3)

14. Fundamental experiments to confirm the effectiveness of devices (4)

15. Analysis

教科書 資料を配布する.
Materials are distributed.
参考文献 資料を配布する.
Materials are distributed.
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 70% レポート
Report
平常点評価: 30% 平常点
Attendance
備考・関連URL

機構学,機械要素設計,機械動力学を受講していることが望ましい.

Recommended to have taken Kinematics of Machinery, Design of Mechanical Elements, and Dynamics of Machinery.

最終授業で全体に対するフィードバックを行う.

In the final lecture, the feedback of all contents will be received.

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read