cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院基幹理工学研究科
科目名
バイオインフォマティクス特論

担当教員 油谷 幸代/富永 大介/福井 一彦/本野 千恵/山名 早人
学期曜日時限 秋学期  木2時限
科目区分   配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室   キャンパス 西早稲田(旧大久保)
科目キー 5101061035 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード INFI61ZL
大分野名称 情報学
中分野名称 知的システム
小分野名称 一般
レベル 修士レベル 授業形態 講義
  オープン科目

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/22 13:48:11

副題 バイオインフォマティクス最新研究紹介
授業概要
本講座は、バイオテクノロジーとIT技術の融合領域として注目されているバイオインフォマティクスについて、その最新の研究を概観し理解を深めることを目的とし、それぞれ専門の異なる複数名の講師によるリレー方式で実施する。講義は、バイオインフォマティクスの全体像をまず概観し、その後にバイオインフォマティクスの解析対象である「配列・構造・機能」におけるバイオインフォマティクスの基礎、バイオインフォマティクスに用いられる物理化学的手法である「分子動力学・量子化学計算」の基礎、そして解析の基礎をなすデータベースについて理解できるように日程を組んだ。基本的には各回完結であるが、それらが相互に関連することが理解でき、聴講を重ねるにしたがい理解を深めることを目標にする。成績評価は、最終日に行う試験の成績により行う。
授業の到達目標 バイオインフォマティクスにおける各分野の基礎と最新の研究、基礎となっている情報科学技術を知り、研究のあるべき方向性や将来性について考察できるようになる事。
事前・事後学習の内容 講義資料を CourseN@vi にアップロード、あるいは授業中に配布する。それぞれ事前、講義中、あるいは事後に目を通すこと。
授業計画
・講義担当者:産総研研究職員
福井一彦
富永大介
本野千恵
油谷幸代
(以上客員教員)
斉藤裕
(以上招聘講師)

・授業計画
   1【10/03】富永大介 分野概観
   2【10/10】富永大介 生命科学の時系列解析
   3【10/17】富永大介 遺伝子発現ダイナミクス解析
   4【10/24】富永大介 代謝ダイナミクス解析
   5【10/31】齋藤裕 エピゲノム解析
   6【11/07】油谷幸代 バイオデータベースと情報解析
   7【11/14】油谷幸代 遺伝子発現解析
   8【11/21】油谷幸代 プロテオーム解析
   9【11/28】本野千恵 タンパク質構造解析
  10【12/05】本野千恵 タンパク質立体構造予測
  11【12/12】本野千恵 分子動力学計算と創薬インフォマティクス
  12【12/19】福井一彦 量子化学計算
  13【01/09】福井一彦 情報統合
  14【01/16】福井一彦 薬剤における毒性解析
  15【01/23】理解度の確認(富永)
教科書 なし
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 100% 15週目の授業時間中に試験を実施し理解度の確認を行う。
備考・関連URL

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read