cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2017年度 開講箇所 大学院創造理工学研究科
科目名
経営システム・国際プロジェクト

担当教員 大成 尚/大野 高裕/片山 博/岸 知二/小松原 明哲/後藤 正幸/椎名 孝之/高田 祥三/高橋 真吾/永田 靖/蓮池 隆/菱山 玲子/棟近 雅彦/吉本 一穂
学期曜日時限 通年  無その他
科目区分 講義 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室   キャンパス 西早稲田(旧大久保)
科目キー 5201031035 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード MGTX60ZL
大分野名称 経営工学
中分野名称 経営工学
小分野名称 経営工学
レベル 修士レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2017/01/23 14:02:50

授業概要 学科が海外協定校と共同企画したコミュニケーション能力向上(語学研修等)、大学の講義・演習、異文化交流などからなるプログラムである。定められたテーマを海外協定校、学科において、英語でプレゼンテーションを行う。

本科目のオリエンテーションは 学年オリエンテーションおよび5月初めに行う。
 学期初めにおける登録は必要ではない。
   ・・・ オリエンテーション、エントリー、セレクションを行い、参加該当者に
      後追いの形で登録を行う


2010年度実績

   ドイツ Bremerhaven高等教育機構(大学)の正規Summer School
     ・・・ ヨーロッパ、アメリカ、ロシアなどの学生が参加する正規講義
        ワークショップなどのアクティビティ
         参加者 3名

   アメリカ Coe College 技術英語研修と経営ワークショップ
     ・・・ ESL(English as a second Language)に加え、経営システムの
        学生に必須なデータ、グラフ、数式の読み方。 また、プレゼンテーション
        のトレーニングなど実践的研修と経営システムにかかわるワークショップ
         参加者 7名

   いづれのプログラムとも、終了後 「経営実践・海外プロジェクト」への参加を
   強く促している。  
授業の到達目標 ドイツ   正規講義の評価をパスし”単位”取得の評価を得ること
アメリカ  ワークショップ、技術英語部分でのでのパフォーマンスが十分であること
授業計画 ドイツ
  正規講義であるkとより、英語の能力が問われる。
  ビジネスに直結する講義科目
   「リスクマネジメント」 「グローバル経営」 「環境と経営」 「投資意思決定」などが
   主たる講義科目であるが、毎年変化がある。

アメリカ
  能力に合わせたESL部分と一つのクラスの技術英語部分に分かれている



本科目のオリエンテーションは 学年オリエンテーションおよび5月初めに行う。
 学期初めにおける登録は必要ではない。
   ・・・ オリエンテーション、エントリー、セレクションを行い、参加該当者に
      後追いの形で登録を行う
教科書 先方で用意(到着時に配布)
参考文献 先方から提示(事前に通知)
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 80% ドイツ、アメリカとも
  提示されるレポートのパフォーマンス
  ワークショップでの発表パフォーマンス、結果
  ホームワークの内容
平常点評価: 20% ドイツ、アメリカとも
  アクティビティへの参加態度
 
備考・関連URL 本科目のオリエンテーションは 学年オリエンテーションおよび5月初めに行う。
 学期初めにおける登録は必要ではない。
   ・・・ オリエンテーション、エントリー、セレクションを行い、参加該当者に
      後追いの形で登録を行う

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2018.All rights reserved.

read