cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院創造理工学研究科
科目名
岩石学演習B

担当教員 小笠原 義秀
学期曜日時限 秋学期  無その他
科目区分 演習 配当年次 1年以上 単位数 3
使用教室   キャンパス 早稲田
科目キー 5201052062 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード PLNX64ZS
大分野名称 地球惑星科学
中分野名称 地球惑星科学
小分野名称 岩石・鉱物・鉱床学
レベル 修士レベル 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/01/28 11:05:04

授業概要 世界の超高圧変成帯に産出する各種変成岩類に関して、受講者が興味をもっている対象地域を選びその地域の変成史・テクトニクスについて適宜発表してもらいます。研究対象地域としては、ダイアモンドを多産することで著名な古生代初期の大陸衝突帯のカザフ共和国コクチェタフ変成帯、世界最大規模の超高圧変成帯である中国大別-蘇魯変成帯(中生代初期の大陸衝突帯)等です。受講生の理解レベルの確認と演習を研究テーマ発掘能力の養成のために、個別面談を実施します。
授業の到達目標 研究テーマに関連するこれまでの研究事例の適格な理解能力、それに基づく研究テーマ発掘能力の養成を目指します。
事前・事後学習の内容 大学院での学業活動は研究を主体にしたものであり、日常活動のなかでそれを行っている。したがって、本欄タイトルに記載されるような「事前・事後」学習という概念は適切ではなく、それ以上に学業を遂行している。
授業計画 個別面談を通じた各自の研究テーマの発掘とそれについての討論を重視した演習とします。

成績評価方法 総合的に判断する。
備考・関連URL

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read