cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院創造理工学研究科
科目名
岩石学演習D

担当教員 小笠原 義秀
学期曜日時限 秋学期  無その他
科目区分 演習 配当年次 1年以上 単位数 3
使用教室   キャンパス 早稲田
科目キー 5201052064 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード PLNX64ZS
大分野名称 地球惑星科学
中分野名称 地球惑星科学
小分野名称 岩石・鉱物・鉱床学
レベル 修士レベル 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/01/28 11:05:40

授業概要 超高圧条件下での鉱物・鉱物組み合わせの安定性の観点から、受講者が興味をもつ超高圧変成岩類を取り上げ、その記載岩石学的特長と地球物質科学的意義、関連する相平衡関係等について適宜発表してもらいます。研究対象岩石としては、カザフ共和国コクチェタフ変成帯産の含ダイアモンドマーブル、超高圧方解石マーブル、斜ヒューム石-ザクロ石岩、中国大別-蘇魯変成帯産の超高圧不純炭酸塩岩等が想定されます。受講生の理解レベルの確認と演習を研究テーマ発掘能力の養成のために、個別面談を実施します。
授業の到達目標 研究テーマに関連するこれまでの研究事例の適格な理解能力、それに基づく研究テーマ発掘能力の養成を目指します。
事前・事後学習の内容 大学院での学業活動は研究を主体にしたものであり、日常活動のなかでそれを行っている。したがって、本欄タイトルに記載されるような「事前・事後」学習という概念は適切ではなく、それ以上に学業を遂行している。
授業計画 個別面談を通じた各自の研究テーマの発掘とそれについての討論を重視した演習とします。
成績評価方法 総合的に判断する。
備考・関連URL

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read