cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School Graduate School of Creative Science and Engineering
Course Title
Global Industrial and Management Systems Engineering

(博士後期課程)

Instructor KISHI, Tomoji/KOMATSUBARA, Akinori/GOTO, Masayuki/SHIINA, Takayuki/TAKAHASHI, Shingo/TANIMIZU, Yoshitaka/NAGATA, Yasushi/HASUIKE, Takashi/HISHIYAMA, Reiko
Term/Day/Period full year  othersothers
Category   Eligible Year 1st year and above Credits 1
Classroom   Campus Nishi-Waseda(Former: Okubo)
Course Key 5202032001 Course Class Code 01
Main Language Japanese
  Course Code MGTX60ZL
First Academic disciplines Industrial Engineering
Second Academic disciplines Industrial Engineering
Third Academic disciplines General Industrial Engineering
Level Level of Master Types of lesson Lecture

Syllabus Information

Latest Update:2019/01/23 13:18:10

Course Outline

経営システム工学が対象とする社会・技術システムは、地球規模で拡大し一段と複雑化してきている。

さらにその状態は一定ではなく、常に変動している。その変動の原因は、地域経済、地域文化、政治情勢などの多くの社会要素や、気候等の自然要因が複雑に絡まる。

本講では、経営システム工学の各専門領域が、これら多様な地域特性を持つ現代社会に対して、今後どのように貢献できるのかに関し幅広い視野を持つことを目標に、博士課程の学生を対象に、国際貢献・国際交流等の実践活動を中心とした演習を行う。

 

 

 

 

Objectives ・自分の専門領域と経営システム工学との関係性を説明できる。
・自分の専門領域を通じて、経営システム工学が多様な地域特性を持つ国際社会にどのように貢献できるか、自分の意見を説明できる。

Course Schedule

以下が専攻の定める標準的な進め方である。

・オリエンテーション 経営システム工学の学問領域の全体像を再確認する

対象国の事前理解:対象国、地域の歴史、文化、社会、自然に関して調査し、発表。対象国においての国際活動での調査ポイントを明確化する

国際活動 : 国際貢献活動、国際交流、留学、または国際学会に付随した対象国内事業所訪問等を行う

活動発表 : 歴史、文化、社会、自然について、自分の目で確かめた実際を報告する

グローバル化と経営システム工学/専門分野の関係性に関する討論

・報告書作成

 

担当教員 経営システム工学専攻全教員

・この科目の履修を希望する学生は、早めに指導教授に相談し、その指導の下に活動計画を作成すること。

・実践・参加する国際活動の内容及び実施時期に合わせて、指導教授が受講方法について詳細を指示する。


 

 

Evaluation ・活動報告(報告会、報告書)により評価する。

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read