cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院創造理工学研究科
科目名
構造岩石学研究

(博士後期課程)

担当教員 高木 秀雄
学期曜日時限 通年  無その他
科目区分 研究指導 配当年次 1年以上 単位数 0
使用教室   キャンパス 早稲田
科目キー 5202050017 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード PLNX74ZG
大分野名称 地球惑星科学
中分野名称 地球惑星科学
小分野名称 岩石・鉱物・鉱床学
レベル 博士レベル 授業形態 研究指導

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/11 19:23:56

授業概要 研究テーマは、構造地質学、テクトニクスの分野の中でも断層や剪断帯を中心に扱い、卒業研究からの継続性を重視するが、変更することもある。学術雑誌に論文として複数編投稿することを目指す. うち1編は国際誌を目指す.
<博士課程のテーマ>
D5:新岩脈法に基づく土岐地域の花崗岩,花崗斑岩岩脈中のマイクロクラックを用いた応力場解析について,英文でとりまとめる.今年中に2本論文を投稿できない場合は,学位取得は困難となる.
D1:X線CT画像を用いた断層ガウジの3次元構造解析と最新活動部の評価.今年度前半に2本の英文論文投稿を目指す.

授業の到達目標 最低査読論文2編の受理がないと,博士号は取得できない.
授業計画 毎回のゼミ発表として,途中経過の発表,関連する文献の紹介 を行う.
学会発表は定常的に実施.
英語のスキルアップを常に心がける.
成績評価方法
割合 評価基準
平常点評価: 100% 論文と学会発表で評価する.

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read