cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院創造理工学研究科
科目名
進化古生物学研究

(博士後期課程)

担当教員 守屋 和佳
学期曜日時限 通年  無その他
科目区分 研究指導 配当年次 1年以上 単位数 0
使用教室   キャンパス 早稲田
科目キー 5202050023 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード PLNX77ZG
大分野名称 地球惑星科学
中分野名称 地球惑星科学
小分野名称 層位・古生物学
レベル 博士レベル 授業形態 研究指導

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/22 13:13:02

授業概要
進化古生物学の研究領域とその素材は多岐にわたるが,本研究では,温室地球時代における海水温や大陸氷床量などの地球表層環境と地質時代の生物の生態を扱う.地球の変動史と生命の変動史を同時に解析することで,地球史における地球表層システムを理解することを目指す.
さらに,数日の現象から数百万年の現象まで,様々な時間スケールを自在に操り,それらの事象の地域性,あるいは広域性を考察できるよう,時間と空間のスケール兼ね備えた地球システムの理解を目指す.
授業の到達目標 多角的視野や論理的思考に基づき,様々な情報を総合し,新たな科学的仮説の提唱を行うことができるようになる.
世界の最新の研究水準を理解し,広い視野と深い専門性を兼ね備えた,独創性豊かな研究を展開する.
授業計画
研究計画や進捗状況について,随時個別面談を行い,日常の研究活動へのアドバイスと成果の確認を行う.
学会発表準備や論文原稿作成に際して,効果的なプレゼンテーション法や論理的な文書作成法についても,随時指導を行う.
積極的に国際学会に参加し,世界の研究動向を直に感じ取り,世界の研究に新たな価値観を提供する原著論文の公表を行う.
成績評価方法 研究成果とともに,国際学会での発表内容,論文原稿の執筆状況を加味して評価する.

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read