cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院先進理工学研究科
科目名
量子物性特論A

担当教員 望月 維人
学期曜日時限 春学期  水4時限
科目区分 講義 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 54-201教室 キャンパス 西早稲田(旧大久保)
科目キー 5301011033 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 英語
  コース・コード PHYP67ZL
大分野名称 物理学
中分野名称 物理学
小分野名称 凝縮系物理学
レベル 修士レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/22 11:52:30

授業概要 強相関電子系、磁性体、トポロジカル物質などを対象に、電子相関や位相幾何学的性質に由来する物性現象を、それを取り扱う理論体系とともに学習する。
授業の到達目標 現代の物性物理学が対象としている、電子相関やトポロジー、多自由度の絡み合いに由来する豊かな物性現象と物質機能と俯瞰し、その理論的取り扱いや実験的研究の現状を理解する。
授業計画

1.電子物性1(物質と物性現象)
2.電子物性2(理論的取り扱い)
3.電子物性3(その他)

4.マルチフェロイックス1(物質と物性現象)
5.マルチフェロイックス2(理論的取り扱い)
6.マルチフェロイックス3(様々な電気磁気現象)

7.スピントロニクス1(物性現象とデバイス機能)
8.スピントロニクス2(理論的取り扱い)
9.スピントロ二クス3(様々なスピントロニクス現象)

10.トポロジカル物性1(物質とトポロジー)
11.トポロジカル物性2(理論的取り扱い)
12.トポロジカル物性3(トポロジーと電子物性)
13.トポロジカル物性4(トポロジーと磁性体)

14.復習1
15.復習2

教科書 講義中にその都度指定する。
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 100% 授業の終わりの頃にレポート課題を指示する。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read