cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院先進理工学研究科
科目名
化学工学研究

(修士課程)

担当教員 小堀 深/平沢 泉
学期曜日時限 通年  無その他
科目区分 研究指導 配当年次 1年以上 単位数 0
使用教室   キャンパス 西早稲田(旧大久保)
科目キー 5301030012 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード PCSX60ZG
大分野名称 プロセス・化学工学
中分野名称 プロセス・化学工学
小分野名称 プロセス・化学工学
レベル 修士レベル 授業形態 研究指導

シラバス情報

最終更新日時:2019/01/23 13:23:34

副題 Chemical Engineering Reseach/ Advanced Crystallization Engineering Study
授業概要 【IPSE + regular subject】
This course is chemical engineering research, to have an original research concept and philospphy, focused on crystallization engineering. The research is especially focused on the research to obtain crystals of high quality on the design concept.

液相より固相を生成するプロセスは、反応、移動、流動が複雑にからみあう現象と、それを具現するプロセスを構築する工学により研究開発される。本研究では、固相生成を伴う系を対象に、その基礎現象と操作条件の関連を得たうえで,高機能性材料を生成するための最適操作、システム設計、ならびに環境工学の立場から固相を分離回収するプロセスの開発について研究を展開する。
授業の到達目標 The reserch is especially focused on the research to obtain crystals of high quality on the design concept.
授業計画 (1) Outline on crystallization engineering
(2)(3) (4)(5) Decidion making on the reserach theme
(6)(7)(8) Reserch Strategy and crystallization experiments
(9)(10)(11) Data Analisis and Duscussion
(12)(13) (15) Design and Summarization of Master thesis
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0%  
レポート: 50%  
平常点評価: 0%  
その他: 50%  

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read