cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院先進理工学研究科
科目名
環境生命科学演習B

担当教員 常田 聡
学期曜日時限 秋学期  無その他
科目区分 演習 配当年次 1年以上 単位数 3
使用教室   キャンパス 生命医科学センター
科目キー 5301042002 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード PCSX61ZS
大分野名称 プロセス・化学工学
中分野名称 プロセス・化学工学
小分野名称 生物機能・バイオプロセス
レベル 修士レベル 授業形態 演習/ゼミ

シラバス情報

最終更新日時:2019/02/12 14:49:17

授業概要 近年,シングルセルレベルでの研究により,個々の細胞が発現するmRNAやタンパク質の分子数は不均一であり,この確率論的なばらつきがそれぞれの細胞の個性的な挙動を生み出すことが明らかになっている。表現型の不均一性は,自然界における細菌の生存戦略として理に適っている。しかしながら,医学的には薬剤抵抗性という深刻な問題を引き起こす。そこで,本演習では,1)遺伝子発現や表現型の不均一性をシングルセルレベルで計測する新しい方法論,2)表現型の不均一性を生み出す因子と分子メカニズム,3)表現型の不均一性がもたらす感染症難治化の問題とその解決方法について,学際的な視点で学ぶ。
授業の到達目標 表現型の不均一性に基づいた細菌の生存戦略を理解する

(DP5)最先端の生命医科学研究事例を理解し,自ら研究を展開する素養を身につける
授業計画 毎週土曜日の午前中に発表会および午後にグループ討議を行う
成績評価方法
割合 評価基準
平常点評価: 100% ゼミおよびグループ討議での発表点
備考・関連URL

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read