cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 大学院先進理工学研究科
科目名
生命・医療倫理特論(女子医大)

(博士後期課程)

担当教員 有賀 淳/有賀 悦子/河原 直人/齋藤 加代子/松井 健志/横野 恵
学期曜日時限 夏クォーター  土3-4
科目区分 講義 必修 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 共用会議室A キャンパス 生命医科学センター
科目キー 5302081001 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード MEDA70ZL
大分野名称 医学
中分野名称 社会医学
小分野名称 社会医学
レベル 博士レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/06 13:28:20

授業概要 ゲノム解析、再生医学の発展に基づき、ゲノム創薬、再生医療が展開され、従来とは異なったアプローチでの医薬品の創製、先端医療への応用がなされている。そこにはゲノム情報、遺伝子診断・遺伝子治療、生殖補助医療、医療事故など、生命倫理・医療倫理に深く関わる課題を多く含む。また、近年の医学研究においては倫理的課題が明らかとなり、研究者の倫理教育の重要性が注視されている。本科目では生命倫理、医療倫理、研究倫理について歴史的背景と現況についてグローバルな視点より概説を行い、考察する機会を与える。
授業の到達目標 1.生命倫理の歴史、原則、概念を理解する。
2.医療倫理の歴史、原則、概念を理解する。
3.研究倫理の歴史、原則、概念を理解する。
4.倫理的に問題となる生命医療研究に関する現況と課題を考察する。
授業計画

6月1日

1・2回目 バイオエシックスの発想と展開 (有賀淳、ゲスト木村利人)

6月8日

3・4回目 生命・医療倫理の歴史・原則・概念 (河原直人、有賀淳) 

6月15日 

5・6回目 遺伝子医療・生殖医療における倫理 (齋藤加代子、有賀淳)

6月22日

7・8回目 再生・細胞医療における倫理的課題 (有賀淳、ゲスト八代嘉美) 

6月29日  

9・10・11回目 課題演習 (有賀淳、河原直人、齋藤加代子)

7月6日

12・13回目  E-learningを利用した研究倫理学習法 (有賀 淳)

7月13日

14・15回目 法と倫理 (横野恵、有賀淳)

 

 

教科書 生命倫理と医療倫理 金芳堂 9784765313353
バイオエシックス・ハンドブック 法研 9784879545046
レクチャー生命倫理と法 法律文化社 9784589032249
IRBハンドブック 中山書店 9784521731780
参考文献 入門・医療倫理I 勁草書房 9784326101573
入門・医療倫理II 勁草書房 9784326101726
医療事故の刑事判例 成文堂 9784792318758
生殖医療と刑法 成文堂 9784792318789
個人情報管理ハンドブック 商事法務 9784785715267
臨床試験モニタリングガイドブック サイエンティスト社 9784860790288
臨床試験データマネジメント 大橋靖雄 医学書院 9784260105422
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0% 筆記試験は行わない。
レポート: 30% 欠席授業に対してレポート提出を課す。
平常点評価: 70% 単位の認定には7割以上の出席を要する。
その他: 0% 特になし。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read