cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2018年度 開講箇所 大学院先進理工学研究科
科目名
ナノキラル科学概論

(一貫制博士課程)

担当教員 朝日 透/澤村 直哉/田中 真人/原田 拓典
学期曜日時限 集中講義(秋学期)  無その他
科目区分   配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 60-03-02(共通ゼミ室) キャンパス 西早稲田(旧大久保)
科目キー 5304111039 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード NANX66ZL
大分野名称 ナノ・マイクロ科学
中分野名称 ナノ・マイクロ科学
小分野名称 ナノ構造物理
レベル 修士レベル 授業形態 講義

シラバス情報

最終更新日時:2018/04/02 14:54:41

授業概要

ナノキラル科学の理解を深めるめに、キラル識別する実験手法(High Accuracy Universal Polarimeter; HAUP)、キラル結晶、キラル分子認識機能を有する薄膜ならびにバルク材料、キラル分光学、シンクロトロン放射光を用いた分光学などキラリティに関与する先端研究について、それぞれの分野の研究者から学ぶ。



授業の到達目標 キラリティの本質を理解し、さらに先端キラル光学実験法の測定理論と解析手法を習得することを目指す。
授業計画
1月12日(土)1限9:00 -10:30 朝日(1回):ナノキラル科学への招待
1月12日(土)2限~6限10:40 -12:10、13:00-19:45 原田(5回):キラル光学の応用  
1月19日(土) 3~4限13:00 -16:15 宇田川(2回):光化学とキラリティ
1月26日(土)2限~5限10:40-12:10、13:00 - 18:00 田中(4回):放射光を用いたキラルサイエンス       
2月2日(土)3限~5限13:00 -18時 澤村(3回):サリドマイドの生物学的研究Ⅰ        




参考文献 「Molecular Light Scattering & Optical Activity: Second Edition」Laurence D. Barron著(Cambridge University Press)
(教科書概要)
Using classical and quantum methods with a strong emphasis on symmetry principles, this book develops the theory of a variety of optical activity and related phenomena from the perspective of the molecular scattering of polarized light. In addition to the traditional topic of optical rotation and circular dichroism in the visible and ultraviolet regions associated with electronic transitions, the newer topic of optical activity associated with vibrational transitions, which may be studied using both infrared and Raman techniques, is also treated. Ranging from the physics of elementary particles to the structure of viruses, the book reflects the importance of optical activity and chirality in much of modern science and will be of interest to a wide range of physical and life scientists.
他にも
1.「Physical Properties of Crystals: Their Representation by Tensors and Matrices」J. F. Nye著(Oxford Scientific Publications)
2.「応用光学I」、「応用光学II」鶴田匡夫著(培風館)
3.「Optical Waves in Crystals」A. Yariv and P. Yeh著(Wiley Interscience Publication)
4.「Introduction to Complex Mediums for Optics and Electromagnetics」W. Weiglehofer and A. Lakhtakia著(SPIE Press)
5.「The Theory of Optical Activity」D. J. Caldwell and H. Eyring著(Wiley Interscience)
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 50% 講義及びキラルサイエンスに関係するセミナー、講演会、シンポジムへの参加とレポートの提出
平常点評価: 50% 講義の理解度
備考・関連URL 10回以上の出席がなければ単位を与えない。
講義日程の変更の可能性があった場合、Course N@viあるいは口頭により連絡する。

問合せ教員
朝日透:tasahi@waseda.jp

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2018.All rights reserved.

read