cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 グローバルエデュケーションセンター
科目名
統計リテラシーα 01

01_統計

担当教員 鎌塚 明/小林 学/竇 暁玲/中原 悠太/野村 亮/堀井 俊佑/安田 豪毅/若田 忠之
学期曜日時限 春クォーター  無フルOD
科目区分 統計科目 配当年次 1年以上 単位数 1
使用教室   キャンパス  
科目キー 9S03000101 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード STAX101O
大分野名称 統計学
中分野名称 統計学
小分野名称 統計学
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 オンデマンド
  オープン科目 フルオンデマンド授業

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 08:36:18

副題 データの整理
授業概要 膨大なデータが流通する現代において、手に入れたデータから意味のある情報を抽出することが重要な問題となってきています。その方法と考え方の基礎として、統計解析は文理系問わず身につけるべき重要な技術として認識されてきています。本講義では、統計学の中でも特に記述統計と呼ばれる項目を学びます。記述統計は統計学における最も基本的な部分です。本講義では主に、基本的な統計量の意味や算出方法、簡単なデータの分析方法などを扱います。また、これらを学ぶツールとして「MS Excel」を用います。(但し、本講義の主題はあくまで「記述統計を学ぶこと」なので、「MS Excel」の使い方のみ学びたい方は別の講義の履修を勧めます。)
授業の到達目標 ・データの持つ性質や傾向を的確に読み取れるようになること
・分析結果を的確にアウトプットできるようになること
授業計画
1:
第1回:データの視覚化(様々なグラフ)
尺度水準,棒グラフ,円グラフ,折れ線グラフ
2:
第2回:分布の視覚化(ヒストグラム)
度数分布表,ヒストグラム,分布の読み方
3:
第3回:統計量の計算(1)
平均値,中央値,最頻値,分散,標準偏差
4:
第4回:統計量の計算(2)
四分位範囲,5数要約,箱ひげ図,標準化,偏差値
5:
第5回:相関分析(1)
散布図,共分散,相関係数
6:
第6回:相関分析(2)
外れ値,層別,擬似相関
7:
第7回:分割表
分割表,オッズ比,連関係数
8:
第8回:理解度確認
理解度確認試験
教科書 講義用資料をCourse N@vi上で配布。
成績評価方法 練習問題:20%
小テスト:30%
最終試験:50%
備考・関連URL 2015年までに以下の科目の単位修得者は履修できません。
・コンピュータによる統計入門
また、本科目と英語科目「Statistics Literacy α」の両方を履修することはできません。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read