cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 グローバルエデュケーションセンター
科目名
統計リテラシーβ 01

01_統計

担当教員 鎌塚 明/小林 学/竇 暁玲/中原 悠太/野村 亮/堀井 俊佑/安田 豪毅/若田 忠之
学期曜日時限 春クォーター  無フルOD
科目区分 統計科目 配当年次 1年以上 単位数 1
使用教室   キャンパス  
科目キー 9S03000121 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード STAX104O
大分野名称 統計学
中分野名称 統計学
小分野名称 統計学
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 オンデマンド
  オープン科目 フルオンデマンド授業

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 08:36:18

副題 データの分布
授業概要 膨大なデータが流通する現代において、手に入れたデータから正確で意味のある情報を抽出することが重要な問題となってきています。その方法・考え方の基礎として、統計解析は文理系問わず身につけるべき重要な技術として認識されてきています。統計学における推測統計学(統計リテラシーγで扱う)は、母集団から得られた一部の標本から母集団の性質を推測する学問ですが、母集団と標本の間に何の関係もなければ、それは不可能です。母集団とそこから得られる標本の間には「確率」的な関係が存在し、推測統計学を理解するためには、確率論の知識が必要不可欠です。本講義では、推測統計学を理解するうえで必要となる確率論の基礎をしっかりと身につけることを目的とします。

○ 受講前提条件
 ・  コンピュータの基本操作(起動・終了、文字入力、ファイル操作など)を習得していること。
 ・  「統計リテラシーα」を履修済みであるか、履修済み相当の知識があることが望ましい。

※授業計画については、一部変更になることがあります。
授業の到達目標 確率論の基礎を理解すること
授業計画
1:
第1回:確率を学ぶ意義、確率の基礎
確率を学ぶ意義、試行と事象、確率の基本的性質
2:
第2回:事象の独立性・条件付確率
同時確率・周辺確率、事象の独立性、条件付確率、ベイズの定理
3:
第3回:離散確率変数
離散確率変数、分布関数、確率関数、代表的な離散確率分布
4:
第4回:連続確率変数
連続確率変数、確率密度関数、離散確率変数と連続確率変数の違い、正規分布
5:
第5回:離散確率変数の期待値と分散
離散確率変数の期待値と分散、標本平均と期待値の違い
6:
第6回:連続確率変数の期待値と分散
連続確率変数の期待値と分散
7:
第7回:多次元の確率分布
多次元の確率分布、確率変数の共分散・相関係数、確率変数の独立性
8:
第8回:理解度確認
理解度確認テスト
教科書 講義用資料をCourse N@vi上で配布。
成績評価方法 練習問題:20%
小テスト:30%
最終試験:50%
備考・関連URL 2015年までに以下の科目の単位修得者は履修できません。
・コンピュータによる統計入門
また、本科目と英語科目「Statistics Literacy β」の両方を履修することはできません。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read