cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2018年度 開講箇所 グローバルエデュケーションセンター
科目名
海への誘い

担当教員 中尾 洋一/竹山 春子
学期曜日時限 秋クォーター  土1-2
科目区分 ユニバーシティ・スタディーズ科目 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 8-310 キャンパス 早稲田
科目キー 9S08010003 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード PLNX131L
大分野名称 地球惑星科学
中分野名称 地球惑星科学
小分野名称 気象・海洋物理・陸水学
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義
  オープン科目

シラバス情報

最終更新日時:2018/10/16 09:43:03

授業概要 地球の表面の70%あまりを占める広大な海は、四方を海に囲まれている我が国にとって、人々の生活と切っても切り離すことのできない必要不可欠な存在です。我が国が国際貿易貨物のほとんどを海上輸送に頼っている現在、高度な船舶運航技術の研究・開発や、さらなる効率的な物流システムの構築が求められています。また海は膨大な水産資源の宝庫でもあります。地球規模の人口増加を支えるヘルシーなタンパク源として、水産食品を安全かつ有効に利用するための研究をいっそう推し進めていく必要があります。このように海は大変利用価値の高いものですが、その一方で、地球上の生き物に快適な環境を確保するため、海洋の環境保全・修復にも注意を払っていかなければなりません。「海を知り、海を有効に利用しながら、海を守る」知恵が、今求められているのです。本講義では、東京海洋大学の教員が、それぞれの専門分野から海に関わる研究領域について講義し、海洋研究の魅力に迫りたいと考えています。この講義を受講して、1人でも多くの学生が海に対する興味・関心を持つことを期待しています。尚、第15回は希望者に対し、東京海洋大学越中島キャンパスの重要文化財・明治丸及び百周年記念資料館の見学を予定しています。
授業の到達目標 海に関する科学を理解し、海を通じ、自然と人間社会のあり方を考える力を獲得する。
授業計画

【見学実習】

①9月19日(水) 10:00~ オリエンテーション・東京海洋大の実習船「海鷹丸」見学 ※詳細は備考欄確認のこと

②第15回(11月24日)10:00~ 越中島キャンパスにおける明治丸と資料館見学 

 

○2018年度 授業計画○ 

※オリエンテーション  9月19日(水) 海鷹丸施設見学実習
第1回  9月29日   大迫 一史/生命を育む海-食糧の供給

第2回  9月29日     渡邊 学/技術を育む海-海で生まれ育ったあの技術

第3回  10月6日    二見 邦彦/魚の進化と生理機能―魚類学入門―
第4回  10月6日    今田 千秋/海洋微生物の新しい産業利用

第5回  10月13日   小暮 修三/海と人の営み―海女という生き方
第6回  10月13日   荒川 久幸/沿岸の環境変化とその影響
第7回  10月20日   川合 美千代/海洋の物質循環と生態系
第8回  10月20日   島田 浩二/地球温暖化と海
第9回  10月27日   谷 和夫/海底鉱物資源
第10回 10月27日   中東 和夫/海域における地震観測
第11回 11月10日   岩淵 聡文/海洋文化研究発祥の地:早稲田大学
第12回 11月10日   岩淵 聡文/海洋美術の世界

第13回 11月17日   寺田 一薫/国際物流を支える港湾の改革

第14回 11月17日   寺田 一薫/日本の離島とフェリー

第15回 11月24日   國枝 佳明/越中島キャンパスにおける明治丸と資料館・記念館見学
 ※教員の都合により内容が変更になることがあります。

教科書 13人の教員がオムニバス形式で講義をするので、教科書は使用しません。必要な場合は、各教員が個別に資料を配布します。
また、配布資料データ等はCourse N@viに基本的にはアップしません。
参考文献 必要な場合には、授業中に指示します。
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 50% 毎授業ごとにレポート課題を与え、海を中心とする課題やその解決策に対する理解度および独創性を評価する。
平常点評価: 50% 出席を取り評価する。
備考・関連URL

【重要】この科目はオリエンテーションおよび第15回目の授業において2回の見学実習が行われます。

    オリエンテーションは10時~12時の実施予定です。履修希望の学生は必ず確認してください。

    第15回で実施する施設見学については、別途授業中に周知します。

===

★9月19日(水)開催:2018年度海鷹丸見学実習/〆切:9月14日(金)17:00まで★
 見学実習 9/19(水)「練習船海鷹丸見学」についてのご案内

下記の通り、「練習船海鷹丸」見学実習を行います。
実習では授業内容に関係することに触れる場合もありますので、
本科目履修生には授業内容の理解度を充実させるためなるべく参加していただきたいと考えております。
(参加希望者が多い場合は抽選となりますのでご了承ください。)

※乗船手続き上、事前申請なしに当日参加はできません。
------
実施日時:2018年9月19日10時から2時間程度 (集合:10:00
実施場所:東京都中央区豊海町 
集合場所:豊海水産埠頭前 ※詳細は参加決定者に連絡します。
   内容:海鷹丸船内見学及び海鷹丸南極観測のビデオ視聴
  持ち物:帽子(頭を保護するキャップ等)
   履物:スニーカー等動きやすい靴(サンダル等は不可)
------

希望者は申し込みフォームより、9月14日(金)17:00までに申し込みをしてください。

※うまく申し込みが出来ない場合は、グローバルエデュケーションセンターまで問い合わせください。

=========================

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2018.All rights reserved.

read