cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2018  School Global Education Center
Course Title
Christianity: Past & Present

Instructor IWATA, Keiichi/MATSUZAWA, Hiroki/MURAKAMI, Hiroshi
Term/Day/Period summer quarter  Fri.1-2
Category University Studies Eligible Year 1st year and above Credits 2
Classroom 22-201 Campus waseda
Course Key 9S09010047 Course Class Code 01
Main Language Japanese
  Course Code PHLW161L
First Academic disciplines Philosophy
Second Academic disciplines Western Philosophy
Third Academic disciplines Christian Thought
Level Beginner, initial or introductory Types of lesson Lecture
  Open Courses

Syllabus Information

Latest Update:2018/03/12 09:44:09

Subtitle キリスト教とはどんな宗教か
Course Outline  キリスト教を抜きにしてはヨーロッパ精神を語ることはできない。ヨーロッパ精神の還元不可能な根源的形成力としてのキリスト教とは、いったいどんなメッセージをわたしたちに発信する宗教なのであろうか。
 こうした問題をキリスト教の人間理解、世界理解に触れて考えてみたい。講義はオムニバス形式になるが、まずはキリスト教の人間本質理解と神理解を取りあげ、パウロの思想と福音書に記されているイエスについて考えてみる。最後に聖母マリア崇敬、異端運動、神秘思想といったキリスト教の中世的な側面も取り上げてみたい。こうしたキリスト教の本質や多面的な在り方から、自然科学の時代を生きる現代の人々が、どうして、キリスト教を捨てずにかかわり続けているのかを各自考えてもらいたいと思っている。
Objectives キリスト教という一宗教が発するメッセ―ジを理解し、そこにある価値の提言を現代に生きる私たちの視点から多面的に考えてみるという思考力を身に着けるようになること。
Course Schedule
1:
第1回 6/8、1限

キリスト教における人間存在理解と生の目的(岩田、ゲストスピーカー:田島照久)

2:
第2回 6/8、2限

キリスト教のヨーロッパ土着化の問題(岩田、ゲストスピーカー:田島照久)

3:
第3回 6/15、1限

聖母マリア1(村上)

4:
第4回 6/15、2限

聖母マリア2(村上)

5:
第5回 6/22、1限
修道制1(村上)
6:
第6回 6/22、2限
修道制2(村上)
7:
第7回 6/29、1限
キリスト教における女性(村上)
8:
第8回 6/29、2限
異端(村上)
9:
第9回 7/6、1限
新約聖書概説(松澤)
10:
第10回 7/6、2限
イエスのたとえ話について:ルカ福音書(松澤、ゲストスピーカー:阿部善彦)
11:
第11回 7/13、1限
ルターと宗教改革:ルターの生涯1(松澤)
12:
第12回 7/13、2限
ルターと宗教改革:ルターの生涯2(松澤)
13:
第13回 7/20、1限
ルターと宗教改革:ルターの思想1(松澤)
14:
第14回 7/20、2限
ルターと宗教改革:ルターの思想2(松澤)
15:
第15回 7/27、1限
理解度の確認 (岩田)
Textbooks なし
Reference 必要に応じて教場で指示する。
Evaluation
Rate Evaluation Criteria
Exam: 80% 相対評価。評価基準は多人数の場合グローバルエデュケーションセンターの基準による。
Papers: 0% レポートは課さない。
Class Participation: 20% 出席回数による。
Others: 0% なし
Note / URL

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read