cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 グローバルエデュケーションセンター
科目名
地域連携と地域競争力

担当教員 藁谷 友紀/大塚 耕平/二神 常爾
学期曜日時限 夏クォーター  水5時限
科目区分 ユニバーシティ・スタディーズ科目 配当年次 1年以上 単位数 1
使用教室 8-B107 キャンパス 早稲田
科目キー 9S09010102 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード ARSA181L
大分野名称 地域研究
中分野名称 日本研究
小分野名称 その他
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義
  オープン科目

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 08:36:18

副題 地域活性化をめざして
授業概要  総合講座『地域連携と地域競争力』は、学際的なアプローチに基づいて、地域経済活性化という課題の検討を行うものである。「連携」と「地域競争力」を統一的なキーワードとして、「地域経済の実態」、「地域発展の戦略と連携マネジメント」、「地域産業政策の展開」、「産業クラスターと産業集積」、「地域におけるコラボレーション」、「産学連携ベースのビジネス・モデル」などのテーマを扱う。

 地域の実情に通じている研究者のみならず、政策担当者や自治体関係者を含む講師によって、理論的かつ実践的な内容の講義を行う。

※現在、登壇者と交渉・調整中であり、決定しだい発表する。なお、授業計画には参考までに昨年度の内容を記載する。
授業の到達目標 ・地域競争力・連携の視点、分析用具の習得。
・現状把握。
・課題の把握
・政策実態の把握と効果の分析。
・受講者自身による課題の設定とその検討。
授業計画

・地域連携と地域競争力の概論 
・日本の地域経済政策
・自治体と産業政策
・産業集積論,産業クラスター論(1)
・都市と地方の共生
・企業間関係(コラボレーション)
・産学官連携と地域
・地域金融(とくに政策金融)
・地域産業とIT

・地域の人的ネットワーク

・京都や地方都市の町屋文化、だれが守る
・地域連携と人材問題
・産業クラスターをデザインする

・地方自治体と産業振興

 

<参考(肩書は当時のもの)>

2018年度登壇者

大塚耕平 国民民主党参議院議員(会長)

日置弘一郎 就実大学教授

工藤洋一 元河川財団

八木誠一郎 フクビ化学工業㈱代表取締役社長

中原淳 内閣府地方創生推進室次長(審議官)

井本一夫 ㈱フォーブス会長

松原忠義 太田区長


2017年度登壇者

大塚耕平  民主党参議院議員
西川太一郎  荒川区長
日置弘一郎  公立鳥取環境大学教授
佐谷説子  内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(普及啓発・連携担当)
八木誠一郎  フクビ化学工業㈱代表取締役社長
井本一夫 ㈱フォーブス会長
沈壽官  薩摩焼宗家第15代 

 

2016年度登壇者

大塚耕平 民主党参議院議員
二神恭一 (公財)荒川区自治総合研究所 理事・所長
戸崎 肇 大妻女子大学教授
関口芳史 新潟県十日町市長
室井照平 福島県会津市長
井本一夫 ㈱フォーブス
濱野 健 品川区長
牧野百男 福井県鯖江市長
西川太一郎 荒川区長
松原忠義 太田区長
伊藤一郎 (財)前川ヒトづくり財団理事長
藤井信吾 茨木県取手市長
日置弘一郎 公立鳥取環境大学経営学部教授

教科書  講義ごとに資料の配布を行う。
参考文献  『産業クラスターと地域経済』(八千代出版,2005年)。その他,適宜指示を行う。
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 80% ・課題設定は的確か。 ・分析の視点、分析用具は明確で適切か。 ・分析は論理的か。 ・結論は明確か。
平常点評価: 20% ・講義に出席し、討議に積極的に参加したか。
備考・関連URL
講義動画
講義動画名
講義紹介

*講義動画は本学学生・教職員のみに公開されており、MyWasedaまたは成績照会/科目登録専用メニューにログインした状態でなければ視聴できません。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read