cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2018年度 開講箇所 グローバルエデュケーションセンター
科目名
西洋音楽史(ベートーヴェン-現代音楽) 02

担当教員 池原 舞
学期曜日時限 冬クォーター  火3時限
科目区分 ユニバーシティ・スタディーズ科目 配当年次 1年以上 単位数 1
使用教室 7-419 キャンパス 早稲田
科目キー 9S09010170 科目クラスコード 02
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード ARTM132L
大分野名称 芸術/美術
中分野名称 音楽
小分野名称 歴史
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義
  オープン科目

シラバス情報

最終更新日時:2018/03/12 09:44:09

授業概要

この講義は、古典派から現代までの西洋音楽における重要な出来事を辿り、その大まかな歴史を追うものである。広く浅くではなく、トピックを絞り、政治や宗教、音楽以外の諸芸術とも関連付けながら、一つの事象を深く掘り下げる。

このクラスでは、ベートーヴェンのピアノ・ソナタから現代音楽までを対象とする。
音楽にナショナリティはあるのか? 音楽は音楽外のものを表現できるのか? こうした問いを考えていく。
講義では、CDを聴いたり、DVDを観たりする他、教員やプロフェッショナルな演奏家による実演も盛り込む。感性を開いて、鑑賞してもらいたい。また、毎回、講義内で、リアクション・ペーパーを書いてもらう。
履修にあたって、特別な音楽的知識は要しない。西洋音楽に興味のある者、好奇心旺盛な者、志の高い者を歓迎する。

授業の到達目標 1. ベートーヴェンから現代音楽までの西洋音楽史の流れを、政治や宗教、音楽以外の諸芸術と関連させて理解する。
2. 感性を使って作品を捉える。
3. 講義で扱う作曲家のなかから興味のある作曲家を1人以上見つけ、その作曲家が作曲した楽曲について深く知る。あるいは、講義で扱う音楽的事象のなかから興味のあることがらを1つ以上見つけ、それについて深く知る。
授業計画
1:
第1回:ピアノの歴史
クリストフォリによって発明されたピアノの原型の構造を知る。また、L.ベートーヴェンがピアノの改良に合わせて、作曲の可能性を広げていったさまを辿る。
※最初に、イントロダクション(履修についての説明)とアンケートの実施
2:
第2回:リート
J.W.ゲーテの「魔王」に基づいた3つの歌曲の比較を通じて、リートの世界に親しむ。
3:
第3回:ロマン主義思想、サロン文化、超絶技巧化
R.シューマンの思想を通じて、19世紀に高まりを見せたロマン主義の概念を、文学の潮流もふまえて考察する。また、ブルジョワジーの台頭とサロン文化の形成、超絶技巧化の歴史を学ぶ。
4:
第4回:標題音楽と絶対音楽
音楽は音楽外のものを表現することができるのか? H.ベルリオーズの《幻想交響曲》の事例から「標題音楽」について学ぶ。同時に、標題音楽に対立するものとして主張された「絶対音楽」について考察する。 
5:
第5回:ナショナリズムの台頭

チェコのB.スメタナ、フィンランドのJ.シベリウスなどの作品を事例に、音楽がナショナル・アイデンティティの表現としてどのように用いられ、またそれは文化の中でどのように機能していったかを考える。

6:
第6回:ワーグナーの楽劇

R.ワーグナーの楽劇におけるライトモチーフの手法を学ぶ。また、彼の芸術思想を紐解き、その壮大な世界観を体感する。

7:
第7回:世紀末芸術
19世紀末から20世紀初頭にかけての芸術の転換の諸相を、ウィーンとパリの事例から明らかにする。
8:
第8回:現代音楽
20世紀以降の現代音楽における様々な革新的試みに触れる。
教科書 特になし。
参考文献 講義内の配布資料にて、随時、提示する。
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 50% 掘り下げの深いレポートを高く評価する。なお、出席率が3分の2に満たない者のレポートは受け付けない。
平常点評価: 50% その場での体感が重要な講義なので、出席率は重視する(各自、Course N@viにて1週間以内に出席登録を行うこと)。また、講義への積極的な取り組み姿勢(挙手による発言や返答やパフォーマンスの披露)を、高く評価する。講義内で書いてもらうリアクション・ペーパーも、平常点評価の対象である。
備考・関連URL

 

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read