cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2017年度 開講箇所 グローバルエデュケーションセンター
科目名
最新航空産業概論 1

担当教員 鈴木 直也/澤田 敬司
学期曜日時限 秋クォーター  木5時限
科目区分 ユニバーシティ・スタディーズ科目 配当年次 1年以上 単位数 1
使用教室 3-301 キャンパス 早稲田
科目キー 9S09010186 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード MANX133L
大分野名称 経営学
中分野名称 経営学
小分野名称 経営戦略
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義
  オープン科目

シラバス情報

最終更新日時:2017/08/22 11:01:21

副題 航空業界の最新状況および航空産業の課題と戦略について 1
授業概要
 本講座は全日本空輸(株)の協力に基づいて開設される提携講座です。
  「最新航空産業概論2」と合わせた履修を推奨します。
 航空業界の最新の状況、航空産業全般についての基本知識に加え、現在抱える課題や将来の方向性について学ぶことを通じ、航空輸送産業に関する知識を深めることを目的としています。
 各方面の最前線で活躍される第一人者をゲストスピーカーに迎え、環境変化が著しい航空産業における活きた情報を直接学ぶことができます。また、エアラインの視点のみならず、様々な視点から航空産業全体を展望することができる講義内容となっています。
 航空輸送産業に関わらず、産業構造はめまぐるしく変化しています。航空輸送産業の構造変化を学ぶことを通じて、今後のグローバルビジネスで活躍する際の知識として役立つことを期待しています。
 尚、航空業界・産業に関する最新の内容を講義しますので、航空に興味を持ち、更に理解を深めたい学生を対象としています。

授業の到達目標 航空産業に関する理解を深めるとともに、現在抱える課題や将来の方向性についてグローバルな視点での講義を踏まえて、将来の日本の航空輸送産業のあり方について自らの考察を深めることが出来る。
授業計画
1:
第1回/イントロダクション、航空の歴史と変遷、他
最初に講義の紹介とスケジュール、受講するにあたっての注意点、Optionとして計画しているANA施設見学実習の詳細、評点のつけ方の説明をします。その後、航空会社の業務についての簡単な紹介と航空の歴史と変遷の紹介をします。
2:
第2回/航空機オペレーション理解促進のため(運航乗務員編)
ゲストスピーカー(ANA運航乗務員)による講義です。
航空機を飛ばすための準備から飛行が終了するまでの一連の流れを紹介し、運航乗務員から見る航空業界の課題を解説します。
3:
第3回/空港の経営戦略について
ゲストスピーカー(空港運営会社)による講義です。
空港の運営および経営戦略について紹介します。
4:
第4回/航空機オペレーション理解促進のため(客室乗務員編)
ゲストスピーカー(ANA客室乗務員)による講義です。
客室乗務員の訓練/フライト業務や機内サービスについて紹介します。
5:
第5回/海外航空機メーカーの経営戦略について
ゲストスピーカー(海外航空機製造メーカー)による講義です。
メーカーの経営戦略(今後の新造機、市場予測、競合他社に対する優位性等)について紹介します。
6:
第6回/航空会社の経営、その特徴と課題について①
ゲストスピーカー(LCCエアライン)による講義です。
LCCのビジネスモデル、戦略等について紹介します。
7:
第7回/日本の航空管制について
ゲストスピーカー(国土交通省 航空局)による講義です。
日本の航空管制とその政策について紹介します。
8:
第8回/ 試験

 授業内容の試験を行います。

教科書 講義はスライドを主な教材として行う。なお資料を事前にCourse N@viに掲示するので、履修者は必要に応じて印刷し、講義に持参すること。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 40% 授業内容に関する試験を実施する。
平常点評価: 60% 出席点(授業の3分の2以上の出席が必須)、並びに総合的な理解度評価の合計点で決定する。
備考・関連URL
・本講義受講希望者が定員を上回る場合には書類選考を行う。
・Option講座(参加は任意であり、成績には影響しない)として、ANA施設見学実習(機体工場での機体見学、等)を予定している(日程については後日連絡する。なおANA見学施設費用はなし。交通費等は各自負担。)

国土交通省航空局:http://www.mlit.go.jp/koku/
ICAO(国際民間航空機関):http://www.icao.int/
IATA(国際航空運送協会):http://www.iata.org/
米国連邦航空局:http://www.faa.gov/
欧州連合運輸エネルギー総局:http://ec.europa.eu/dgs/energy_transport/
 
※授業計画については、2017年8月22日時点での最新の情報で更新しています。
 なお、ゲストの都合により、授業計画などは変更する場合がありますので、随時確認してください。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2018.All rights reserved.

read