cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 グローバルエデュケーションセンター
科目名
中国の社会 β

担当教員 鄭 成/平林 宣和/小林 敦子/才仁 卓瑪/飯山 知保
学期曜日時限 冬クォーター  水2時限
科目区分 ユニバーシティ・スタディーズ科目 配当年次 1年以上 単位数 1
使用教室 3-203(CTLT Classroom3) キャンパス 早稲田
科目キー 9S09010233 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 中国語
  コース・コード ARSB302L
大分野名称 地域研究
中分野名称 中国研究
小分野名称 概論
レベル 上級レベル 授業形態 講義
  オープン科目

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 08:36:18

副題  中国語で深める中国理解
授業概要 華人圏の政治・外交・経済・文化について中国語でオムニバス講義を聴き、対話討論を行う。多彩な分野の講師群と受講者のコミュニケーションを重視した授業型式で、さまざまな角度から中国社会にアプローチすることにより、複合的な視野と発言力を備えた人材育成を目指す。講義、質疑応答およびレポートは中国語で行う。受講には中国語による高度な聴取、記述能力が必要である。毎年の受講生は半数以上を中国圏からの留学生が占め、あとの半分は中国語圏への留学経験のある日本人学生である。言語だけでなく内容も高レベルのため,中国人学生,日本人学生に拘らず,授業に付いてゆくための学力と気力のある学生の受講を期待する。
授業の到達目標 1 複合的、科学的な視野と発言力を備えた人材の育成。
2 政治・外交・経済・文化など華人圏および日本社会の多角的理解。
3 中国語による対話と討論への参加。
4 中国語情報リタラシー能力の向上。
授業計画
1:
講義01
中国環境与発展挑戦 / 張世秋(北京大学教授)(on demand)

2:
講義 02
中国的农业环问题 向虎(本学総合研究センター調査役)

3:
講義 03
中國的民族狀況 / CAIREN,Zhuoma(国際教養学術院講師)
4:
講義 04
少数民族女性教育史ー从民国时期到现在 / 新保敦子(本学教育・総合科学学術院教授)
5:
講義 05
中日舞台艺术交流史 / 平林宣和(本学政治経済学術院教授)
6:
講義 06
言及人工智能技术 / 沈睿(明海大学讲师
7:
講義 07
最近歴史学研究中的民族認同問題 / 飯山知保(本学文学学術院准教授)
8:
講義まとめ 08
グループ討論&Report作成
教科書 講師ごとに毎回PPTなど講義資料を提示する.同時に講義は収録し、コースナビにオンデマンド録画として配信する。これらをテキストとして常時参照可。
参考文献 それぞれの講義で指示する。
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0% 一斉試験は行わない。
レポート: 60% 毎回講義終了後に提出する講義出席報告書の内容を、各担当講師が段階評価。全講師の総和で評価する。
平常点評価: 30% 講義への貢献度(小グループ発言やグループ長としての報告)、質問などを点数化し評価する。
その他: 10% 毎回講義の出欠を取り、評価に加算する。
備考・関連URL

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read