cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2017年度 開講箇所 グローバルエデュケーションセンター
科目名
ボランティア論 1

担当教員 兵藤 智佳/平山 雄大
学期曜日時限 春クォーター  金4時限
科目区分 ユニバーシティ・スタディーズ科目 配当年次 1年以上 単位数 1
使用教室 3-305 キャンパス 早稲田
科目キー 9S09010242 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード GENX104L
大分野名称 総合/学際
中分野名称 総合/学際
小分野名称 総合/学際
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義
  オープン科目

シラバス情報

最終更新日時:2017/04/11 11:44:08

授業概要

本科目は、ボランティア活動を知り、実践するための入門編である。近年、東日本大震災での大学生ボランティアの活躍もあり、大学生によるボランティア活動の社会的な注目が高まってきている。2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催される。本科目は、「オリンピック・パラリンピック準備にむけ早稲田大学でボランティアマインドを育てる試み」である。

 

授業では、まずは「ボランティアを知ってみたい」学生を対象に、当事者の声を聞く機会を持つ。当事者は、聴覚障がい者、LGBT(セクシャルマイノリティ)、パラリンピアン等と多様である。

 

さらには、受講生は一度、期間中、自分の可能な時間に実際にボランティア体験を一度は実践し、その体験をもとに自分にとっての「ボランティア体験の意味」を考える時間を持つ。実践するボランティア活動については、基本的にどのような活動でもよく、ボランティアセンターから活動場所の紹介も行う予定である。

 

「東京オリンピックやパラリンピックで実際にボランティアをやってみたいと思っている」「ボランティアって本当に誰かの役に立つの?」「ボランティアって自己満足や偽善じゃないかと思うと一歩を踏み出せない」「何か機会あれば一度ボランティアやってみたかった」、そんな学生たちが対象となる。

 

8回の講義では、ゲストによる講演のほか、ディスカッションの時間を取り入れた形に進める予定である。

授業の到達目標 (1) ボランティアについて「支援する側」「支援される側」から考えることができるようになる
(2) 実際にボランティア活動を実践する
(3) 自分が行ったボランティア活動の意味を言葉にすることができる
授業計画
1:
第1回 オリエンテーション

WAVOC紹介と科目の紹介

2:
第2回 足元の支援「ノートテイクのボランティアを知る」

早稲田大学内で実施されているボランティアについて知る

3:
第3回 地域の支援「LGBTとボランティア」
当事者の声を聞き、当事者による支援活動を知る
4:
第4回 「当事者との出会い」ふりかえり①
ボランティアの声を聞いた体験について言葉にする
5:
第5回 グローバルな支援「パラリンピアンとその支援」

パラリンピアンの内面を知る

6:
第6回 「当事者との出会い」ふりかえり②
当事者の声から活動の意味を言葉にする
7:
第7回 (ボランティア実践)

実際にボランティア活動を実施する

8:
第8回 自分のボランティア活動に関するふりかえり

「ボランティアをしたときの気持ちとその意味」について言葉にする

教科書 なし
参考文献 兵藤智佳・岩井雪乃・西尾雄志(2010)『世界をちょっとでもよくしたい』 早稲田大学出版部
加藤基樹(2011)『0泊3日の支援からの出発』 早稲田大学出版部
兵藤智佳(2013)『僕たちがみつけた道標』晶文社
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 60% 1回のボランティア活動を実践し、そのふりかえりの内容を評価とする。活動についてはボランティアセンターからの紹介も行う。
平常点評価: 40% 授業後のフィードバックシートの提出
備考・関連URL

本科目は、平山郁夫記念ボランティアセンターの提供科目となる。

副専攻「社会貢献とボランティア」のコア科目である。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read