cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2017年度 開講箇所 グローバルエデュケーションセンター
科目名
食と経済 1

担当教員 弦間 正彦/蔦谷 栄一/林 正徳/平澤 明彦
学期曜日時限 春クォーター  月3時限
科目区分 ユニバーシティ・スタディーズ科目 配当年次 1年以上 単位数 1
使用教室 14-102 キャンパス 早稲田
科目キー 9S09010256 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード ECNA161L
大分野名称 経済学
中分野名称 応用経済学
小分野名称 農業経済学・環境経済学・資源経済学
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義
  オープン科目

シラバス情報

最終更新日時:2017/04/11 11:44:08

授業概要

 経済発展に伴う所得の増大は、コメなど一部の食料消費を減らす一方で、肉や野菜などの消費を増大させる。また社会構造の変化やグローバル化の動きは、食料需要の変化をもたらし、食料供給体制も変容させてきている。 我々の食生活を取り巻く経済・社会環境について、総合理解をはかる目的で、専門家チームが講義を担当する。それぞれの分野の専門家である講師(弦間正彦(早稲田大学社会科学総合学術院)と林正徳(早稲田大学地域・地域間研究機構)が、我が国を中心とする食の変化を、食料需要と供給の決定要因の変化と、貿易交渉と国際ルールづくりの視点から理解するために講義する。

 日本の食生活の現状を、アジア諸国の食料経済を中心とする動きの中で把握し、その上で国際的な貿易の枠組み、関連政策のあり方について、経済学・法学・国際関係などの視点から理解をはかることがこの科目の目的である。我が国の食生活を取り巻く環境は大きく変化してきており、食料消費はライフスタイルなどの変化により変容してきている。さらに食料を供給する農業、加工・流通産業も、外国との競争にさらされる中で大きな変革を遂げてきている。これらの変化を総合的に理解することは、学部学生にとり重要な知的作業であり、この講義を履修する意義があると考える。 

 この講座は農林中央金庫、農林中金総合研究所からの寄附で開講している提携講座である。

授業の到達目標 日本の食生活の現状を、アジア諸国、欧米豪の食料経済の動きの中で把握し、国際的な貿易の枠組み、食料・農業・農村に関する政策のあり方について、経済学などの学問領域の視点から理解をはかった上で議論ができる能力を身につける。
事前・事後学習の内容 事後に90分から120分の復習時間が必要となる。課題に関しては、エビデンスを持って議論をすることが重視されるので、先行研究のレビュー、データの分析などに十分に時間をとって取り組んでほしい。
授業計画
1:
第1回
弦間 アジアにおける経済発展と食料経済の変遷: 日本農業と食料経済との関連について講義する。
2:
第2回
弦間 アジアにおける食料消費の推移とその決定要因について講義する。
3:
第3回

弦間 アジアにおける農業生産の推移と決定要因について議論する。

4:
第4回

「食」の経済と貿易 ーー イントロダクション

5:
第5回

「食」の安全保障と貿易 ーー 「食」の安全保障と貿易をめぐる問題

6:
第6回

「食」の安全性と貿易 ーー 「食」の安全性と貿易をめぐる問題

7:
第7回

林 「食」の品質と貿易 ーー 「食」の品質と貿易をめぐる問題

8:
第8回

林 「食」にかかわるグローバルな貿易ルールとローカル・ルール ーー 現状と展望

教科書 林正徳、弦間正彦 編著 (2015) 「ポスト『貿易自由化』時代の農業と食料 ―貿易ルールの枠組みと影響分析―」 農林統計出版 
参考文献 必要に応じて、各講師が紹介する。また、さらに、必要に応じて資料を授業中に配布するか、コースナビ上で公開する。
成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 75% 各講師の出題する課題に関するレポート(合計2回、各回A42枚以内)の構成と考察内容を評価する。
平常点評価: 25% 出席点で、平常点を評価する。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read